第361回:スバルの新しい“人づくり”の取り組み
スバルドライビングアカデミーを取材

2016.08.16 エッセイ
「スバルドライビングアカデミー」のトレーニングの様子。
「スバルドライビングアカデミー」のトレーニングの様子。

スバルがエンジニアのドライビングスキル向上を目的とした「スバルドライビングアカデミー」を設立。その内容を体験取材し、“クルマ作りに携わる者全員がテストドライバー”という同社独自の開発姿勢に触れた。

「スバルドライビングアカデミー」とは、スバルがエンジニア向けに行っているドライビングセミナーであり、各人のスキル向上を通して、試験評価の安全な実施や、試験内容の再現性を向上させることなどを目的としている。
「スバルドライビングアカデミー」とは、スバルがエンジニア向けに行っているドライビングセミナーであり、各人のスキル向上を通して、試験評価の安全な実施や、試験内容の再現性を向上させることなどを目的としている。
チーフインストラクターの1人である、スバル研究実験センター管理課長の秋山 徹氏。1989年の「レガシィ」による10万km世界速度記録チャレンジに参加したドライバーの1人でもある。
チーフインストラクターの1人である、スバル研究実験センター管理課長の秋山 徹氏。1989年の「レガシィ」による10万km世界速度記録チャレンジに参加したドライバーの1人でもある。
ドライビングに関する講習の内容は、高速走行、ジムカーナ、ウエット旋回、ウエットJターン、高速Jターンなど。また社外での活動として、サーキット走行や12時間耐久レースへの参戦なども行っている。
ドライビングに関する講習の内容は、高速走行、ジムカーナ、ウエット旋回、ウエットJターン、高速Jターンなど。また社外での活動として、サーキット走行や12時間耐久レースへの参戦なども行っている。

エンジニア向けの新しい運転研修制度

説明会の冒頭、われわれ取材陣を前にスバル広報のOさんがこうあいさつしました。
「日本一暑いといわれるエリアにようこそ!」

確かに、スバル研究実験センターが位置する栃木県佐野市の周辺一帯は、日本有数の酷暑地帯。後日調べたところによると、この日の佐野市の最高気温は34.7度でした。さらに言うと、取材日はこの8月の最初の日曜日。普通であれば家族サービスにいそしむか、一日中エアコンの効いた部屋に引きこもっていたいところでしょう。しかし、今日だけは事情が違います。この日の取材の内容に、顔見知りの取材陣は皆、とにかく興味津々でした。

webCG編集部に「スバルドライビングアカデミー」(以下、SDA)なる講習の取材案内が届いたのは、2016年7月のこと。最初は「輸入車メーカーがやっているような、ユーザー向けのドライビングセミナーかしら?」と思ったのですが、資料に目を通してみると、これがまったく違う内容でした。

SDAとは、車両の開発に携わるエンジニア向けのプログラムで、要するにスバルは、「普段うちの開発&生産メンバーがどうやって運転の腕を磨いているかを体験させてやるから、取材に来い」と言っているのです。こんな面白そうなお誘い、そうそうあるものではありません。当日のスケジュールが空いていた自分は、「編集部内でも下から数えた方が早い」という自身のドライビングスキルは棚に上げ、勇んで栃木のスバル研究実験センターへと向かったのでした。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ