第129回:秀作から珍作まで、暑さを吹き飛ばす5作品
夏休みに観たいクルマ映画DVD

2016.08.19 エッセイ

インド人が教える運転と人生

2014年の映画『マダム・イン・ニューヨーク』は、インド人の主婦が英語を学ぶことで自信を取り戻し、自らの価値を再認識するという話だった。『しあわせへのまわり道』も、ニューヨークを舞台にインド人が活躍する。立場は逆で、教える側がインド人だ。

マンハッタンに暮らす人気書評家のウェンディ(パトリシア・クラークソン)は、長年連れ添った夫に裏切られて途方に暮れていた。仕事もプライベートも充実しているというのは彼女の勝手な思い込みで、自分が孤独な存在だったことに気づく。運転免許を持っていないから、郊外に住む娘に会いに行くこともできない。これまでは夫にまかせきりだったのだ。

一念発起し、タクシードライバーのダルワンに運転を習うことにする。ニューヨークではタクシーと運転教官の兼業は珍しくないらしい。日本と違って教習所に通うわけではなく、いきなり路上で「シボレー・キャバリエ」を運転することになる。頭に巻かれたターバンでわかるように、助手席で教えるダルワンはシーク教徒のインド人である。

「運転とは自由を手にすることだ」
「人間は常に正しく行動するとは限らない」
「私の席にもブレーキはある」

彼はあくまでも運転を教えているのだが、人生について話しているように聞こえてくる。インド人というのは見るからに考え深そうな表情をしているからだ。しかも、演じているのはベン・キングズレーである。1982年の映画『ガンジー』で主役を務めた人だ。聖人ガンジーから教え諭されているような気分になるのは仕方あるまい。

ウェンディのスキルはなかなか向上しない。日常的にクルマに乗っていると忘れてしまうが、運転というのは複雑で高度な技術なのだ。正しい方向を選択し、適切なスピードを保つのは簡単なことではない。人生と同じだ。

『しあわせへのまわり道』DVD
「シボレー・キャバリエ」
GMが日本車に対抗して1982年から製造したFFコンパクトカー。ハッチバックからステーションワゴンまでさまざまなバリエーションがあり、アメリカではヒットした。映画で教習車として使われていた3代目モデルは、OEMで「トヨタ・キャバリエ」として日本でも販売されていたが、短期間で撤退した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。