マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)

こだわりのオープンルーフ 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。

不都合を逆手に取ったスタイリング

今回の4代目マツダ・ロードスターも商品企画の初期段階から、電動ハードトップありきだった。先代の3代目ロードスターでも途中に「RHT(リトラクタブルハードトップ)」を追加してからは、ソフトトップよりRHTのほうが販売台数が多くなったからだ。

……なのに、先行したソフトトップの設計開発では、そんなことはお構いなしにギリギリのパッケージングをした。そこにソフトトップよりかさ張るハードトップを押し込めようとしても、とても入りきらない。当然である。

その独特のスタイリングから「RF(リトラクタブルファストバック)」と名づけられた新型リトラクタブル・ロードスターは、そんな不都合な現実(?)を逆手にとったデザインだそうである。試作段階では強引にフルオープン形状にする方法も検討されたそうだが、それでもソフトトップと同じスタイルにはならない(=オープン時には先代RHTと同等か、それ以上に盛り上がりが残る)し、RHTとは比較にならないくらいに複雑怪奇で重い機構になってしまう。
「収納してもハミ出てしまうなら、ハミ出した状態でカッコよくすりゃいいじゃないか」との発想が、そのハミ出し部分を美しくカバーするタルガトップ風スタイルにつながった。

ロードスターRFは見た目にはタルガトップだが、実際のリアウィンドウは格納ルーフと一体である。オープン時にはウィンドウも同時に格納されるので、シート背後は貫通した巨大ロールバーのような形状になる。よって厳密にはタルガトップではなく、オープン時の開放感はタルガトップを確実に上回る。

「ロードスターRF VS」のインストゥルメントパネルまわり。「VS」は上質さを重視した上級グレードで、ロードスターRFのみに設定される。
「ロードスターRF VS」のインストゥルメントパネルまわり。「VS」は上質さを重視した上級グレードで、ロードスターRFのみに設定される。
「VS」に装備されるナッパレザーのシート。同グレードの内装色は、「オーバーン」と呼ばれる赤褐色とブラックのツートンカラーとなる。
「VS」に装備されるナッパレザーのシート。同グレードの内装色は、「オーバーン」と呼ばれる赤褐色とブラックのツートンカラーとなる。
2016年3月のニューヨークショーで世界初公開された「ロードスターRF」。日本では同年10月に予約受け付けが開始された。
2016年3月のニューヨークショーで世界初公開された「ロードスターRF」。日本では同年10月に予約受け付けが開始された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターRFの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る