MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)

この大きさに納得できれば 2017.02.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。

従来モデルよりさらにサイズアップ

欧州名「カントリーマン」の日本向けの名が「クロスオーバー」。MINIブランドの新たなバリエーションとして、SUV的なテイストとファンクションを加えた5ドアハッチバックのそれが登場したのは2010年のことだった。

それから6年あまりの間に、MINIのバリエーションは増殖と淘汰(とうた)を重ね、現在は5つのボディータイプを擁している。中にはクロスオーバーと同じく5ドアに改められた「クラブマン」や、3ドアのホイールベースを若干延長したその名も「5ドア」があるわけで、クロスオーバーのフルモデルチェンジにあたっては、当然これらのモデルとの機能的差異を明確化する必要があった。

そう推すれば、この車格は納得できるだろうか。新型クロスオーバーの全長は現行の日本仕様よりも195mm長い約4300mm、全幅は30mm広い約1820mm、全高は約1560mmとなる。そして75mm延長された2670mmというホイールベースからもうかがえる通り、プラットフォームはクラブマンや同門のBMWの「X1」や「2シリーズ アクティブツアラー」等と同じUKLアーキテクチャーを採用。寸法的にはCセグメントのど真ん中辺りにあるわけだ。わずかに四角寄りに成形されたおかげで適度に締まった印象は受けるも、MINIとしてはちょっと大きすぎると感じる向きもいるかもしれない。

その車寸は主に後席の居住性や積載力の向上に充てがわれており、130mmの前後スライドとともに4:2:4のスプリットフォールディングを可能とするリアシートや、後席使用時でも450リッターを確保するラゲッジスペースなど、そのユーティリティーはファミリーカーとしてみても不足はない。検討する上で悩ましいのはむしろMINIクラブマンの側かもしれないが、クロスオーバーの積載容量はそれをも軽々と凌駕(りょうが)する。そして実際に後席に座ってみると前後席間は十分な広さが確保されているだけでなく、座面は小さめながら着座高は前席よりしっかりと一段高められており、前方も見通せるなど、大人4人でもゆったりできる居住性が確保されていた。

新型「MINIクロスオーバー」の運転席まわり。ダッシュボード中央のインフォテインメントシステムは、新たにタッチスクリーン式となった。
新型「MINIクロスオーバー」の運転席まわり。ダッシュボード中央のインフォテインメントシステムは、新たにタッチスクリーン式となった。
ボディーサイズの拡大により、車内空間の居住性も改善。シートの位置も高められており、視認性が向上している。
ボディーサイズの拡大により、車内空間の居住性も改善。シートの位置も高められており、視認性が向上している。
リアシートは4:2:4の3分割式。格納とリクライニング調整は3座独立、スライド調整は6:4の分割式となっている。
リアシートは4:2:4の3分割式。格納とリクライニング調整は3座独立、スライド調整は6:4の分割式となっている。
「BMW X1」などとプラットフォームを共有する新型「MINIクロスオーバー」。約20cm伸びた全長をはじめ、ボディーサイズは従来モデルから大幅に拡大した。
「BMW X1」などとプラットフォームを共有する新型「MINIクロスオーバー」。約20cm伸びた全長をはじめ、ボディーサイズは従来モデルから大幅に拡大した。
関連記事
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
ホームへ戻る