MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)

この大きさに納得できれば 2017.02.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。

従来モデルよりさらにサイズアップ

欧州名「カントリーマン」の日本向けの名が「クロスオーバー」。MINIブランドの新たなバリエーションとして、SUV的なテイストとファンクションを加えた5ドアハッチバックのそれが登場したのは2010年のことだった。

それから6年あまりの間に、MINIのバリエーションは増殖と淘汰(とうた)を重ね、現在は5つのボディータイプを擁している。中にはクロスオーバーと同じく5ドアに改められた「クラブマン」や、3ドアのホイールベースを若干延長したその名も「5ドア」があるわけで、クロスオーバーのフルモデルチェンジにあたっては、当然これらのモデルとの機能的差異を明確化する必要があった。

そう推すれば、この車格は納得できるだろうか。新型クロスオーバーの全長は現行の日本仕様よりも195mm長い約4300mm、全幅は30mm広い約1820mm、全高は約1560mmとなる。そして75mm延長された2670mmというホイールベースからもうかがえる通り、プラットフォームはクラブマンや同門のBMWの「X1」や「2シリーズ アクティブツアラー」等と同じUKLアーキテクチャーを採用。寸法的にはCセグメントのど真ん中辺りにあるわけだ。わずかに四角寄りに成形されたおかげで適度に締まった印象は受けるも、MINIとしてはちょっと大きすぎると感じる向きもいるかもしれない。

その車寸は主に後席の居住性や積載力の向上に充てがわれており、130mmの前後スライドとともに4:2:4のスプリットフォールディングを可能とするリアシートや、後席使用時でも450リッターを確保するラゲッジスペースなど、そのユーティリティーはファミリーカーとしてみても不足はない。検討する上で悩ましいのはむしろMINIクラブマンの側かもしれないが、クロスオーバーの積載容量はそれをも軽々と凌駕(りょうが)する。そして実際に後席に座ってみると前後席間は十分な広さが確保されているだけでなく、座面は小さめながら着座高は前席よりしっかりと一段高められており、前方も見通せるなど、大人4人でもゆったりできる居住性が確保されていた。

新型「MINIクロスオーバー」の運転席まわり。ダッシュボード中央のインフォテインメントシステムは、新たにタッチスクリーン式となった。
新型「MINIクロスオーバー」の運転席まわり。ダッシュボード中央のインフォテインメントシステムは、新たにタッチスクリーン式となった。
ボディーサイズの拡大により、車内空間の居住性も改善。シートの位置も高められており、視認性が向上している。
ボディーサイズの拡大により、車内空間の居住性も改善。シートの位置も高められており、視認性が向上している。
リアシートは4:2:4の3分割式。格納とリクライニング調整は3座独立、スライド調整は6:4の分割式となっている。
リアシートは4:2:4の3分割式。格納とリクライニング調整は3座独立、スライド調整は6:4の分割式となっている。
「BMW X1」などとプラットフォームを共有する新型「MINIクロスオーバー」。約20cm伸びた全長をはじめ、ボディーサイズは従来モデルから大幅に拡大した。
「BMW X1」などとプラットフォームを共有する新型「MINIクロスオーバー」。約20cm伸びた全長をはじめ、ボディーサイズは従来モデルから大幅に拡大した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクロスオーバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る