クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

シボレー・コルベット スティングレイ(FR/3AT)

イッツ・ア・グレイト! 2017.03.04 試乗記 「スティングレイ」のサブネームを初めて冠し、ファンの間では「C2」の愛称で親しまれている2代目「シボレー・コルベット」。シルバーのボディーがきらめく半世紀前のアメリカンスポーツには、豊かさがあふれていた。

リアウィンドウに見る不思議

「C2コルベットに乗りませんか?」。webCG編集部きっての“アメ車”通、バイパーほったから電話がかかってきた。1963年登場の2代目コルベット、“スティングレイ”である。彼のアメリカンコネクションを通じて知り合った篤志家のオーナーが、程度極上のマイカーを一日、託してくださるという。

自動車小僧の昔、「ムスタングか、スチングレーか」というクチプロレスはやったかもしれないが、本物のC2は触れたことすらない。約束の日、オーナーとクルマの待つ場所へいそいそと出かける。

自分と同じ年に生まれたC2をいつか手に入れたい、という長年の夢をかなえたオーナーの愛車は、5.4リッター3段ATのクーペで、1963年に輸入/登録されている。それは間違いないのだが、デビュー年の63年型ならリアウィンドウがスプリット(2分割)である。数年前に入手して以来、それがずっと不思議だったという。

C2のボディーはFRP製だ。流麗なファストバックを切開して、わざわざ64年以降の1枚ガラスに改造するとは思えない。モデルイヤー制をとるアメリカ車は、翌年モデルを前年の早いうちに発表する。昔の『カーグラフィック』誌も、9月に編集作業をする10月1日発売の11月号で翌年モデルのアメリカ車特集を組むことが多かった。7代続くコルベットのなかでも最高のコレクターズアイテムといわれる「63年型スプリットウィンドウ」でなかったのは残念かもしれないが、このクルマは63年に輸入/登録された64年型と思われる。

1962年のパリサロンで発表された「C2」こと2代目「シボレー・コルベット」。この代で初めて「スティングレイ」のサブネームが採用された。
1962年のパリサロンで発表された「C2」こと2代目「シボレー・コルベット」。この代で初めて「スティングレイ」のサブネームが採用された。拡大
左右対称のダッシュボード形状が特徴的なインテリア。サイドブレーキはレバーではなく、T字形のシャフト式である。
左右対称のダッシュボード形状が特徴的なインテリア。サイドブレーキはレバーではなく、T字形のシャフト式である。拡大
1963年型と1964年型は、リアウィンドウの形状やボンネットに施されたエアアウトレットの有無、ホイールの意匠などで識別が可能である。
1963年型と1964年型は、リアウィンドウの形状やボンネットに施されたエアアウトレットの有無、ホイールの意匠などで識別が可能である。拡大
注目の記事PR
  • 音と風と刺激的な走り。「アバルト124スパイダー」の魅力を、3人のジャーナリストが語る。
    音と風と刺激的な走り。「アバルト124スパイダー」の魅力を、3人のジャーナリストが語る。 アバルト特集
注目の記事一覧へ

きちんと走れるよう機関部はレストア済み

オーナーから簡単なコックピットドリルを受け、注意事項を聞く。
キャブレターだから、チョークレバーはあるが、カブりやすいので、使わない。冷間時もスロットルペダルを1~2回アオるくらいでよい。購入時から付いていたETC車載器は、接触が悪いらしく、以前、バーが上がらないことがあった。

燃料計はアテにならないが、いまは半分くらい入っているという。リアにあるコルベットのエンブレムが給油口のフタで、カギはない。しかも太い直径のパイプからタンクの底が見える。のぞくと、井戸みたいだった。貞子が出てきそうである。「ガソリン取り放題ですよね」と、オーナーが笑った。

リトラクタブルヘッドランプは、上げ下げと点灯のスイッチが別々にある。オーナーが操作すると、右側しか上がらなかった。1週間前は両方出たという。でも、明るい時間の試乗だから、問題ないだろう。

以前はパーコレーション(熱でフューエルパイプ内に気泡ができること)の持病があったが、いまは対策を施してある。点火系も強化してある。そんなお墨付きをもらって、出発する。ETCは使わないことにして、助手席でバイパーほったに機関助手をお願いする。

車検証の乗車定員は3人となっていたが、装備されるシートは2個のみ。シートベルトは2点式で、背もたれには荷物を積むときに使う可倒機構が備わる。
車検証の乗車定員は3人となっていたが、装備されるシートは2個のみ。シートベルトは2点式で、背もたれには荷物を積むときに使う可倒機構が備わる。拡大
給油口はリアウィンドウの後方に位置。写真のフューエルリッドにも、その下のガソリンタンクのキャップにも、カギはついていない。
給油口はリアウィンドウの後方に位置。写真のフューエルリッドにも、その下のガソリンタンクのキャップにも、カギはついていない。拡大
ヘッドランプはリトラクタブル式で、点灯の際には三角柱形のユニット自体がぐるりと回転し、普段は裏側を向いているランプを、前へ向ける仕組みとなっている。
ヘッドランプはリトラクタブル式で、点灯の際には三角柱形のユニット自体がぐるりと回転し、普段は裏側を向いているランプを、前へ向ける仕組みとなっている。拡大

ワクワクするほど鋭いレスポンス

走りだして、まず気づいたのは、“低さ”である。アイポイントが低い。ボンネットも低い。コンパクトなプッシュロッドOHVならではとはいえ、とてもこの下に5.4リッターものV8エンジンが入っているとは思えない。

C2のボディーは、四囲の外周に、鋭いエッジが張り出している。スティングレイ(赤エイ)のニックネームはその造形からきているらしいが、運転席から見おろすボンネットのビジュアルも、水平の胸びれを動かして泳ぐエイを連想させた。

ボディー全幅は1770mm。いまの「フォルクスワーゲン・ゴルフ」より3cm小さい。前方視界は抜群だから、とても運転しやすい。早速、首都高に上がり、西へ向かう。

ステアリングホイールは直径41cmもある細いウッドリムだが、気になる遊びはない。シャシーは新設計で、オープンモデルのみだった初代コルベット(1953~62年)からは刷新されている。「ラダーフレームですけど、四輪独立懸架です。次のC3まで使っていますから、よくできていたんでしょうね」。バイパーほったが教えてくれる。
最高出力250hp。最大トルク48.4kgm。車重はさすがFRPボディーで、1380kgに収まる。ろくにアクセルを踏み込まなくても、力はある。かといって大味ではなく、スロットルレスポンスはワクワクするほど鋭い。

速度計はマイル表示。60mphちょっとの100km/h時だとトップで2600rpmを指している。
「いやあ、イイよねえ……」
「イイですねえ。まったく無理している感じがないですねえ……」
そのエンジンが、突然、ストールして、止まった。

1964年型「コルベット」には3段MTと2段ATが設定されていたが、オーナーいわく同車のトランスミッションは3段ATとのこと。前オーナーなどが換装したのかもしれない。
1964年型「コルベット」には3段MTと2段ATが設定されていたが、オーナーいわく同車のトランスミッションは3段ATとのこと。前オーナーなどが換装したのかもしれない。拡大
「コルベット スティングレイ」および同車のデザインモチーフとなった「スティングレイ・レーサー」の「STINGRAY(スティングレイ)」とは、赤エイの意。同車のデザイナーであり、釣りが好きだったビル・ミッチェルが命名した。
「コルベット スティングレイ」および同車のデザインモチーフとなった「スティングレイ・レーサー」の「STINGRAY(スティングレイ)」とは、赤エイの意。同車のデザイナーであり、釣りが好きだったビル・ミッチェルが命名した。拡大
試乗車に搭載された5.4リッターV8 OHVエンジン。C2「コルベット」にはチューニングの異なる数種類の5.4リッターに加え、6.5リッターや7リッターのエンジンも用意されていた。
試乗車に搭載された5.4リッターV8 OHVエンジン。C2「コルベット」にはチューニングの異なる数種類の5.4リッターに加え、6.5リッターや7リッターのエンジンも用意されていた。拡大
C2「コルベット」の開発に際し、GMは四輪独立懸架の新開発のシャシーを採用。このシャシーは、1982年まで生産された3代目にも受け継がれた。
C2「コルベット」の開発に際し、GMは四輪独立懸架の新開発のシャシーを採用。このシャシーは、1982年まで生産された3代目にも受け継がれた。拡大

豊かな国の豊かなクルマ

ちょうどサービスエリアを過ぎたところだったが、油圧を失わないうちに路肩に寄せて、止まる。水温も油圧も正常だった。ひと呼吸置いて、キーをひねると、かかった。ということは、パーコレーションではないだろう。しかし、走りだすと、またすぐ止まった。最寄りのインターで下り、だましだまし、バイパス合流手前の安全なところまで進む。

元気にクランキングして、エンジンはかかろうとする。この症状は……、ひょっとして、ガス欠? 外に出て給油口をのぞくと、中は未使用のボットン便所みたいだった。30km手前でカラ井戸だと思った時点で気がつけよという話である。メンボクない。

JAFの救援を待つあいだ、室内を観察する。ダッシュボードは、C2の特徴だった“ツインカウル”。計器盤を囲むメーターナセルと同じ形状のものが助手席側にもある。軽飛行機のコックピット風を狙ったのだろうか。

大きな半円の計器盤には、大小6つのメーターが配置されている。メーターは中心部分がコーン形状で、それに合わせて赤い針は途中で大きく曲げられている。芸が細かいというか、凝ったつくりである。

ドアパネルにはレギュレーターが2個付いている。エッ、なんで!? と思って、小さいほうをグルグル回したら、三角窓が開いた。こんなのも初めて見た。豊かな国の豊かなクルマである。

ガス欠によりJAFの救援を受けているところ。(写真=下野康史<かばたやすし>)
ガス欠によりJAFの救援を受けているところ。(写真=下野康史<かばたやすし>)拡大
メーターは中央部が円すい状にくぼんでおり、それに沿う形で、ニードルも折り曲げられている。
メーターは中央部が円すい状にくぼんでおり、それに沿う形で、ニードルも折り曲げられている。拡大
ドアには上下2カ所にレギュレーターが設けられている。下がサイドウィンドウを上下させるもの、上が三角窓の開閉に用いるものだ。
ドアには上下2カ所にレギュレーターが設けられている。下がサイドウィンドウを上下させるもの、上が三角窓の開閉に用いるものだ。拡大

正真正銘のスポーツカー

20ガロン入りの燃料タンクを満タンにしてから、行きつけのワインディングロードを走った。

視点が低くて、路面を近くに感じるだけでなく、重心“感覚”が低い。そのため、軽く流していたって、楽しい。
リサーキュレーティングボール式の油圧パワーステアリングは、パワステだよね? と思わせるくらいの重さ。片手でクルクル回せる“アメ車”のようには軽くない。
リアサスペンションには横置きリーフスプリングが使われている。7代目の現行モデルも採用する伝統の形式を初めて導入したのがC2である。

7000rpmまでのタコメーターは、5000rpmからイエロー、5300rpmからがレッド。一度もそんなところまで回さなかったし、回す必要もなかった。Dレンジのまま、2500rpmあたりで自動シフトアップさせたくらいでも、8リッターV10に乗り慣れたバイパーほったから「ホーホー!」という声が上がる。右足の靴のソールに少し圧を入れただけで、豪快にスピードを上げる。その加速感はやはり、胸びれひとかきでダイバーの視線から消えるエイを連想させた。

初めてC2に乗って、いちばん驚いたこと。半世紀以上前のコルベットが、こんなに“スポーツカー”だとは思わなかった。
史上最もテキトーな大統領に「メイクアメリカグレイトアゲイン!」なんて言われなくたって、コルベットはずっとグレイトだった。そして、グレイトなスポーツカーの基礎をつくったコルベットが、C2だったのだ。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=荒川正幸/編集=堀田剛資)

デザインを変えながら、今日まで受け継がれているチェッカードフラッグのエンブレム。
デザインを変えながら、今日まで受け継がれているチェッカードフラッグのエンブレム。拡大
試乗車の足元は、標準仕様のスチールホイールとハーキュリーのホワイトリボンタイヤの組み合わせ。C2「コルベット」には、フィンデザインの鋳造アルミホイールも用意されていた。
試乗車の足元は、標準仕様のスチールホイールとハーキュリーのホワイトリボンタイヤの組み合わせ。C2「コルベット」には、フィンデザインの鋳造アルミホイールも用意されていた。拡大
C2「コルベット」のラゲッジルーム。リアゲートはなく、シート側から荷物を積む格好となる。
C2「コルベット」のラゲッジルーム。リアゲートはなく、シート側から荷物を積む格好となる。拡大
C2「コルベット」は四輪独立懸架と横置きリーフスプリングのリアサスペンションという、今日のモデルにも受け継がれる技術が取り入れられた、最初のコルベットだった。
C2「コルベット」は四輪独立懸架と横置きリーフスプリングのリアサスペンションという、今日のモデルにも受け継がれる技術が取り入れられた、最初のコルベットだった。拡大

シボレー・コルベット スティングレイ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4470×1770×1270mm(車検証記載値)
ホイールベース:2490mm
車重:1380kg(車検証記載値)
駆動方式:FR
エンジン:5.4リッターV8 OHV 16バルブ
トランスミッション:3段AT
最高出力:250hp(186kW)/4400rpm
最大トルク:48.4kgm(476Nm)/2800rpm
タイヤ:(前)P205/70R15 M+S/(後)P205/70R15 M+S(ハーキュリーMRXプラスIV)
燃費:--km/リッター
価格:--円/テスト車=--円
オプション装備:--

テスト車の年式:1964年型(1963年登録)
テスト開始時の走行距離:5万8751マイル(約9万4551km)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(5)/高速道路(4)/山岳路(1)
テスト距離:85マイル(136.8km)
使用燃料:34.8リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:3.9km/リッター(満タン法)
 

シボレー・コルベット スティングレイ
シボレー・コルベット スティングレイ拡大

関連キーワード:
コルベットシボレー試乗記

あなたにおすすめの記事