ブガッティ・シロン(4WD/7AT)

100%信頼できる1500ps 2017.03.27 試乗記 1500psという途方もないパワーを誇るブガッティの新たなハイパーカー「シロン」。その桁外れのパフォーマンスは畏れるに値するが、それにも増して感動的だったのは、いつでも、どこでも、どんな状況でも「このクルマを100%信頼できる」という安心感が備わっていることだった。ポルトガルのリスボンで試乗した。

ヴェイロンをことごとく上回る

2016年春、ジュネーブ。“スーパーカーの祭典”の異名をとるジュネーブショーにおいて、なかでも最も注目を浴びたのが、ブガッティの新型車シロンであった。

1500ps。1600Nm。最高速420km/h以上。0-100km/h加速2.5秒以下。限定500台。ベース価格240万ユーロ(車両本体)。

2000年代における“最高の乗用車”であった「ヴェイロン」のスペックをことごとく上回る(最高速に関しては、後ほど説明したい)。後継モデルの驚愕(きょうがく)のスペックを目の当たりにし、ハイパーカー慣れしているはずのビリオネアが喜色満面となった。なにしろ、馬力をはじめ標榜(ひょうぼう)されたパフォーマンススペックは、フォルクスワーゲングループの威信のかかった数値であり、まさに掛け値なし、そんじょそこいらの嘘八百馬力とはワケが違うと、皆知っていたからだ。

事実、展示されていたプリプロダクションモデルは、会場随一のフィニッシュレベルに達しており、ひとたびシロンを間近に見たあとでは、他のどのクルマも、妙にハリボテっぽく見えてしまったもの。金属と炭素繊維強化樹脂とレザーで成り立つこの怪物は、現代の自動車製造技術の最高峰にあることが、その発するオーラから、直感することができた。

シロンの詳細について、ここで記すことは控えたい。話題の尽きないクルマだからだ。デザインを語るだけでも、かなりのボリュームを要する。今回は、待望のファーストインプレッションをお楽しみいただきたい。

ホースシュー(馬てい)をかたどったフロントグリルはブガッティの象徴。片側4灯のLEDヘッドランプが「シロン」に独特な表情を与えている。
ホースシュー(馬てい)をかたどったフロントグリルはブガッティの象徴。片側4灯のLEDヘッドランプが「シロン」に独特な表情を与えている。
ぐるりとカーブを描く“Cライン”が印象的なサイドビュー。
ぐるりとカーブを描く“Cライン”が印象的なサイドビュー。
ルーフからリアデッキに向けて走る“センターフィン”は「ブガッティ・タイプ57SCアトランティーク」をモチーフにしている。
ルーフからリアデッキに向けて走る“センターフィン”は「ブガッティ・タイプ57SCアトランティーク」をモチーフにしている。
「シロン」のボディーサイズは全長4544×全幅2038×全高1212mm。「ヴェイロン」よりひとまわり大きい。
「シロン」のボディーサイズは全長4544×全幅2038×全高1212mm。「ヴェイロン」よりひとまわり大きい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シロンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
ホームへ戻る