ブガッティ・シロン(4WD/7AT)

100%信頼できる1500ps 2017.03.27 試乗記 1500psという途方もないパワーを誇るブガッティの新たなハイパーカー「シロン」。その桁外れのパフォーマンスは畏れるに値するが、それにも増して感動的だったのは、いつでも、どこでも、どんな状況でも「このクルマを100%信頼できる」という安心感が備わっていることだった。ポルトガルのリスボンで試乗した。

ヴェイロンをことごとく上回る

2016年春、ジュネーブ。“スーパーカーの祭典”の異名をとるジュネーブショーにおいて、なかでも最も注目を浴びたのが、ブガッティの新型車シロンであった。

1500ps。1600Nm。最高速420km/h以上。0-100km/h加速2.5秒以下。限定500台。ベース価格240万ユーロ(車両本体)。

2000年代における“最高の乗用車”であった「ヴェイロン」のスペックをことごとく上回る(最高速に関しては、後ほど説明したい)。後継モデルの驚愕(きょうがく)のスペックを目の当たりにし、ハイパーカー慣れしているはずのビリオネアが喜色満面となった。なにしろ、馬力をはじめ標榜(ひょうぼう)されたパフォーマンススペックは、フォルクスワーゲングループの威信のかかった数値であり、まさに掛け値なし、そんじょそこいらの嘘八百馬力とはワケが違うと、皆知っていたからだ。

事実、展示されていたプリプロダクションモデルは、会場随一のフィニッシュレベルに達しており、ひとたびシロンを間近に見たあとでは、他のどのクルマも、妙にハリボテっぽく見えてしまったもの。金属と炭素繊維強化樹脂とレザーで成り立つこの怪物は、現代の自動車製造技術の最高峰にあることが、その発するオーラから、直感することができた。

シロンの詳細について、ここで記すことは控えたい。話題の尽きないクルマだからだ。デザインを語るだけでも、かなりのボリュームを要する。今回は、待望のファーストインプレッションをお楽しみいただきたい。

ホースシュー(馬てい)をかたどったフロントグリルはブガッティの象徴。片側4灯のLEDヘッドランプが「シロン」に独特な表情を与えている。
ホースシュー(馬てい)をかたどったフロントグリルはブガッティの象徴。片側4灯のLEDヘッドランプが「シロン」に独特な表情を与えている。
ぐるりとカーブを描く“Cライン”が印象的なサイドビュー。
ぐるりとカーブを描く“Cライン”が印象的なサイドビュー。
ルーフからリアデッキに向けて走る“センターフィン”は「ブガッティ・タイプ57SCアトランティーク」をモチーフにしている。
ルーフからリアデッキに向けて走る“センターフィン”は「ブガッティ・タイプ57SCアトランティーク」をモチーフにしている。
「シロン」のボディーサイズは全長4544×全幅2038×全高1212mm。「ヴェイロン」よりひとまわり大きい。
「シロン」のボディーサイズは全長4544×全幅2038×全高1212mm。「ヴェイロン」よりひとまわり大きい。
関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • ダイハツ、2代目となる新型「ミラ イース」を発売 2017.5.9 自動車ニュース ダイハツが新型「ミラ イース」を発表。経済性だけでなく「こだわり・安心・品質」についても重視したモデルとなっており、走りや乗り心地の改善に加え、最新の運転支援装備「スマートアシストIII」の採用もトピックとなっている。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
  • ロクシタンとコラボした「ルノー・カングー アン プロヴァンス」が登場 2017.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月14日、「カングー」に特別仕様車「アン プロヴァンス」を設定し、同年6月8日に70台の台数限定で発売すると発表した。価格は264万円。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
ホームへ戻る