トヨタが「C-HR」の1.2リッターターボモデルにFF車を新設定

2018.05.08 自動車ニュース
1.2リッターターボエンジンを搭載した「トヨタC-HR G-T」。(写真は4WD車)
1.2リッターターボエンジンを搭載した「トヨタC-HR G-T」。(写真は4WD車)拡大

トヨタ自動車は2018年5月7日、コンパクトSUV「C-HR」に一部改良を実施し、販売を開始した。

新規設定色の「ホワイト×ネビュラブルーメタリック」が採用された、ハイブリッド車の「G」。
新規設定色の「ホワイト×ネビュラブルーメタリック」が採用された、ハイブリッド車の「G」。拡大

今回の改良では、これまで4WD車のみが設定されていた1.2リッターターボモデルに、新たにFF車を設定。また、「S」「S-T」を除く全車に、すべての光源にLEDを用いた大型ヘッドランプ(オートレベリング機能付きBi-Beam LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ+LEDシーケンシャルターンランプ+LEDデイライト)を標準装備した。

ボディーカラーについても、新たに「ネビュラブルーメタリック」(モノトーン)および「ホワイト×ネビュラブルーメタリック」(ツートン)を設定している。

価格は229万円から292万9200円。

(webCG)
 

関連キーワード:
C-HRトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)/ジムニーシエラJC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.8.3 試乗記 誕生から48年を迎えた小さなクロカンモデル「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。20年ぶりのモデルチェンジで登場した4代目では、何が変わり、何が受け継がれたのか。ジムニーの“ホーム”であるオフロードと、オンロードの両方で試乗し、その実力を確かめた。
  • 「アバルト124スパイダー」に発売2周年記念モデルが登場 2018.7.28 自動車ニュース 「アバルト124スパイダー」に日本導入2周年を記念した特別仕様車「2イヤーアニバーサリー」が登場。充実した装備と、「メタリックブラック」「メタリックシルバー」という2色の専用ボディーカラーが特徴。販売台数は100台限定となっている。
ホームへ戻る