【スペック】全長×全幅×全高=4190×1840×1390mm/ホイールベース=2465mm/車重=1400kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ(200ps/5100-6000rpm、28.5kgm/1700-5000rpm)/価格=499万円(テスト車=574万5800円)

アウディTTクーペ 2.0 TFSI クワトロ(4WD/6AT)【ブリーフテスト】

アウディTTクーペ 2.0 TFSI クワトロ(4WD/6AT) 2008.10.21 試乗記 ……574万5800円
総合評価……★★★★

FFしか選べなかったアウディTTの2リッターモデルに、4WDモデル「クワトロ」が追加された。両モデルの乗り味に、どんな違いがあるのか? 最廉価な“ヨンクのTT”を試した。

現行TTの理想形

最近のアウディのエンジニアリングは、FFへの挑戦という言葉がふさわしい。前輪駆動ともなれば、前後重量配分で6割ぐらいはフロントに荷重を与えるのが常識なのに、「TT」ではスカットルから前側を集中的にアルミに置き換え、「A4」では旧型よりフロントアクスルを154mm前進させることで、50:50に近い前後重量配分を手に入れているからだ。

それによるトラクション不足などの弊害は、少なくともTTには見られないが、ホンネはクワトロ、つまり4WD前提のパッケージングなのかもしれない。でもいままではTTもA4も、4気筒はFFしかなかった。クワトロには重量配分で不利になるV6しか選択肢がなかったのだ。

だからこそ今回乗った2.0TFSIクワトロは、現行TTの理想形に思えた。そもそも初代TTは4気筒ターボ+クワトロでスタートしたのだから、原点回帰でもあるわけだ。あと望みたいのは3ペダルMTの復活か。先代TTや3世代前のA4のクワトロMTを、いまも大事に乗り続けているユーザーは少なくない。スポーツカーを名乗るなら、すくなくとも1車種はMTを残すのが流儀ではないだろうか。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

TTクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディTTクーペ 2.0 TFSIクワトロ(4WD/6AT)【ブリーフテスト】 2015.10.30 試乗記 アウディのコンパクトクーペ&ロードスター「TT」が、フォルクスワーゲングループの「MQB」モジュールを用いた3代目にモデルチェンジ。クーペの4WDモデルに試乗し、ブランドイメージをけん引する本格スポーツカーへの脱皮をもくろむ、新型の実力をはかった。
  • アウディが「TT」と「TTS」の限定モデルを発売 2016.8.23 自動車ニュース アウディ ジャパンは2016年8月23日、「アウディTT」シリーズに、2種の限定モデルを設定。1.8リッターの「TTクーペ1.8 TFSI 1st edition」と2リッターの「TTSクーペ urban sport limited」を同時に発売した。
  • アウディTTSクーペ/TTクーペ/TTロードスター【試乗記】 2015.8.20 試乗記 3代目となる「アウディTT」シリーズが国内でデビュー。初代をほうふつさせるデザインと先進的なインテリアが目を引く、新型コンパクトスポーツの仕上がりは? 正式発表を前に、北海道・十勝スピードウェイで試乗した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る