【スペック】全長×全幅×全高=4370×1750×1410mm/ホイールベース=2660mm/車重=1530kg/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブ(156ps/6400rpm、20.4kgm/3600rpm)/価格=434万円(テスト車=554万3000円)

BMW120iカブリオレ(FR/6AT)【ブリーフテスト】

BMW120iカブリオレ(FR/6AT) 2008.05.27 試乗記 ……554万3000円
総合評価……★★★★
近頃オープンモデルは、折りたたみ式ハードトップが主流。そんな中、1シリーズに新しくラインナップされたカブリオレはソフトトップを採用した。BMWのコンパクト4シーターオープンの走りを試す。

カジュアルオープン

オープンカーはソフトトップの2シータースポーツに止めを刺す、というのが私の考えだが、その一方で、カジュアルに乗るなら、ちょっと古いが「ゴルフカブリオレ」や「プジョー306」など、ハッチバックの面影残るキャンバストップのカブリオレも捨てがたい。家族持ちには4シーターというのもありがたいし。しかし、残念ながら、ゴルフカブリオレは立派になって「イオス」に代わり、プジョーは307の時代に「CC」に路線変更するなど、この5年ほどの間にオープンモデルのソフトトップ離れが進んでしまった。

もちろん、クーペカブリオレも好きだけど、ソフトトップを背負うあのスタイルに郷愁を抱くのは、きっと私だけではないはずだ。現にヨーロッパでは、アウディが「A3」にカブリオレを追加したり、噂ではVWもゴルフクラスにソフトトップを復活させる話があるなど、ソフトトップ陣営(!?)の動きは活発になっている。

これに期待を寄せるようなファンにとって、この「120iカブリオレ」はまさに朗報だ。オープンエアモータリングをカジュアルに楽しめるだけでなく、そこはBMW、走りそのものもなかなか楽しい。私にとって、いま一番気になる4シーターのオープンカーである。


BMW120iカブリオレ(FR/6AT)【ブリーフテスト】の画像
テスト車のフルオートマチックソフトトップは、シルバー光沢仕上げのアンソラジットがオプションで備わる。
テスト車のフルオートマチックソフトトップは、シルバー光沢仕上げのアンソラジットがオプションで備わる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW M135i(FR/8AT)【試乗記】 2015.8.27 試乗記 3リッター直列6気筒ターボエンジンを搭載する「BMW 1シリーズ」の高性能モデル「M135i」に試乗した。BMW M社の血統を受け継ぐ1シリーズのフラッグシップモデルは、マイナーチェンジを受けてどこまで洗練されたのだろうか?
ホームへ戻る