「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー

三菱の伝統と未来をカタチに 2017.03.07 「三菱エクリプス クロス」がデビュー <PR> 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」が第87回ジュネーブ国際モーターショー(プレスデー:2017年3月7日~3月8日、一般公開日:3月9日~3月19日)でデビューした。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスを、デザイナーたちはどのような思いを込めて作り上げたのだろうか。

三菱デザインの方向性を示すモデル

三菱デザインが変わろうとしている。新たな方向性を示す役割を担うのが、ジュネーブショーのワールドプレミアモデル、エクリプス クロスだ。新型コンパクトSUVに託した思いを、三菱自動車デザイン本部長の國本恒博氏に伺った。

「エクリプス クロスのデザインは、躍動的でチャレンジングです。アスリートがスタートする瞬間を想起させるダイナミックな躍動感をもたせ、全体的にシャープでありながら筋肉質なフォルムを構築しました。十種競技の選手のようなイメージと言えばいいでしょうか。重々しくなるのを避け、バランスのとれた強靱(きょうじん)さを表現しています」

エクリプス クロスは、ベルトラインと強いキャラクターラインで前傾姿勢を作り出している。前後のフェンダーが大きく張り出して力強さを主張するが、いわゆるマッチョ的ないかつさはない。

「ウェッジシェイプなんですが、全高を高くすることで釣り合いの取れたプロポーションになっています。ボディー下部をブラックにしたのは、背が高くてももっさりしないようにするためです。鉄の塊から削り出したように見えるフレッシュなフォルムで、三菱らしいクーペSUVになりました」

三菱のフロントフェイスデザインコンセプト「ダイナミックシールド」が採用されている。2015年ジュネーブショーの出品車である「Concept XR-PHEV II」で初めて提案されたものだ。

「すでに『アウトランダー』や『RVR』などの市販車に採用されています。中央のブラックフェイスで力強いパフォーマンスを表現し、バンパーの左右とアンダーガードが包み込む形状にしてクルマを守る安心感・安全性をイメージさせました。デザインで機能を語っているわけです」

→エクリプス クロス 特設サイトはこちら

三菱自動車の常務執行役員 デザイン本部長、國本恒博(くにもと つねひろ)氏にお話を伺った。
三菱自動車の常務執行役員 デザイン本部長、國本恒博(くにもと つねひろ)氏にお話を伺った。拡大
デザインコンセプトは「VIBRANT & DEFIANT(きらめきのある&挑戦的)」。クラウチングスタートを切った瞬間のアスリートのダイナミックな躍動感を表現したという。
デザインコンセプトは「VIBRANT & DEFIANT(きらめきのある&挑戦的)」。クラウチングスタートを切った瞬間のアスリートのダイナミックな躍動感を表現したという。拡大
フロントデザインには「ダイナミックシールド」と呼ばれるデザインコンセプトが採用された。
フロントデザインには「ダイナミックシールド」と呼ばれるデザインコンセプトが採用された。拡大
<國本恒博氏 プロフィール>
1975年日産自動車デザイン本部入社。1995年に日産デザインアメリカ副社長に着任。以後、2000年に日産ならびにインフィニティブランドデザインディレクター、2008年にグローバルデザイン部長、クリエイティブボックス社長を歴任し、2014年に三菱自動車の執行役員兼デザイン本部長に就く。2016年から常務執行役員 デザイン本部長を務める。
<國本恒博氏 プロフィール>
	1975年日産自動車デザイン本部入社。1995年に日産デザインアメリカ副社長に着任。以後、2000年に日産ならびにインフィニティブランドデザインディレクター、2008年にグローバルデザイン部長、クリエイティブボックス社長を歴任し、2014年に三菱自動車の執行役員兼デザイン本部長に就く。2016年から常務執行役員 デザイン本部長を務める。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.10 試乗記 三菱から満を持して登場した久々のニューモデル「エクリプス クロス」。同社の次世代製品群の旗手を担うコンパクトSUVは、ハイブリッドやディーゼルといった“飛び道具”はないものの、運転しやすく快適な、ちゃんとした乗用車に仕上げられていた。
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.5.10 試乗記 三菱の新型クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」に試乗。クーペスタイルの見た目から“オシャレ系SUV”と判断しがちだけれど、だまされてはいけない! 「ランエボ」由来の4WDシステムや高いボディー剛性を備えた、実に真面目なクルマに仕上がっているのだ。
  • スバル・フォレスター アドバンス/フォレスターX-BREAK【試乗記】 2018.9.14 試乗記 電動アシスト機構付きパワーユニット「e-BOXER」を搭載した「スバル・フォレスター アドバンス」がいよいよ発売された。比較試乗で浮き彫りになった2.5リッターガソリン車との違いと、従来モデルとは趣を異にする、フォレスターの“新しい一面”をリポートする。
  • マツダCX-3 XD Lパッケージ(FF/6MT)【試乗記】 2018.8.27 試乗記 デビュー以来最大規模の改良を受けたマツダのコンパクトSUV「CX-3」。新開発の1.8リッターディーゼルエンジンと新しい足まわりの織り成す走りは、従来モデルからどのように進化を遂げたのか? ちょっとマニアックなMT仕様で、その実力を確かめた。
  • スバル・フォレスター プレミアム/フォレスターX-BREAK/フォレスター アドバンス【試乗記】 2018.7.5 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・フォレスター」に試乗。従来型と並べても「どっちが新しいの?」という感じの見た目に対して、新型パワーユニットやドライバーモニタリングシステムなど、中身には新機軸がてんこ盛り。伊豆のクローズドコースでその出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る