クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

中古車購入指南 ~アルファ・ロメオ編~ 2020年版

目的・条件別 中古アルファ・ロメオの選び方 2020.01.10 失敗しない中古車選び 今も昔も、スポーティーなクルマを好む向きに一目置かれるアルファ・ロメオ。刺激的な走りと美しいデザインを身上とするこのブランドのクルマのなかでも、今押さえておくべきモデルはどれか? 豊富な中古車の中からオススメの一台を紹介する。
目次

いつの時代も“美”と“走り”にこだわるイタリアの老舗

アルファ・ロメオほど、そのキーを手にした人間をエモーショナルな気分にさせてくれるロマンチックなクルマをつくるブランドはないだろう。そのエモーションはどこから? と理由を探れば、“美しい”とか“楽しい”とか“気持ちいい”とか、ありがちな言葉にしか変換できないが、他のそうした言葉で語られるブランドと比べて、アルファ・ロメオのそれはなぜか少しばかり特別に感じられるのだ。それはオーナーだけが知っている。

歴史をさかのぼれば、古い。1910年にミラノで誕生し、翌年にはその第1号車でレースに参戦している。第2次大戦まではレーシングカーと高性能スポーツカーしかつくらない少量生産のスーパープレミアムブランドとして活動したが、戦後は量産メーカーに転じて、少し頑張れば誰もが買うことのできるクルマをいくつも誕生させ、そして今も送り出し続けているのはご存じのとおりだ。

その過程でアルファ・ロメオは時代に翻弄(ほんろう)され、さまざまな変化を遂げてきた。ジェネレーションごとに、つくるクルマの造形の方向性も、走らせて感じる印象の方向性もガラッと違う。そういう意味では一貫性がない。けれど、逆を言えば、いつの時代もそのときに一番美しいと感じるスタイリングをカタチにし、そのときに手元にあるテクノロジーやメカニズムを駆使して、ドライバーを喜ばせる“何か”を必ずクルマに注ぎ込んできた。この芯の部分は常に一貫しており、経営母体や経営方針がいくら変わっても、どういうわけかそこだけは受け継いでここまで来ているのだ。

アルファ・ロメオのユーズドカーはたくさん流通している。新しめのモデルがディーラーに頼れるのはもちろんだが、ヒストリックモデルも含めてスペシャリストというべき専門店がたくさん存在するのも、このブランドの“徳”だ。そういう意味では手に入れやすいし、維持もしやすい。そして自然とはまり込み、いつしか逃れられなくなるというのも、アルファ・ロメオの持つひとつの側面である。

アルファ・ロメオの歴史は1910年にミラノの企業家らが不振にあえぐ自動車メーカーを買収したことに端を発する。写真は1910年製「24HP」。
アルファ・ロメオの歴史は1910年にミラノの企業家らが不振にあえぐ自動車メーカーを買収したことに端を発する。写真は1910年製「24HP」。拡大
戦前のグランプリレースで活躍した「P2」。当時のアルファ・ロメオは、レーシングカーと超高性能スポーツカーしかつくらない少量生産のプレミアムブランドだった。
戦前のグランプリレースで活躍した「P2」。当時のアルファ・ロメオは、レーシングカーと超高性能スポーツカーしかつくらない少量生産のプレミアムブランドだった。拡大
1950年に登場した「1900」。アルファ・ロメオにとって初の量販モデルだったが、やはりレースカー譲りの高度なメカニズムが取り入れられていた。
1950年に登場した「1900」。アルファ・ロメオにとって初の量販モデルだったが、やはりレースカー譲りの高度なメカニズムが取り入れられていた。拡大
“新世代アルファ”の先兵として2015年に発表された「ジュリア」(2代目)。いつの時代も、走りの楽しさと独自の美観にのっとったスタイリングこそが、アルファ・ロメオの魅力なのだ。
“新世代アルファ”の先兵として2015年に発表された「ジュリア」(2代目)。いつの時代も、走りの楽しさと独自の美観にのっとったスタイリングこそが、アルファ・ロメオの魅力なのだ。拡大
アルファ147
アルファ147拡大
ミト
ミト拡大

条件で選ぶ 希望で選ぶ

【とにかく安くアルファ・ロメオに乗りたい】

ひと頃までは、エントリーモデル的なコンパクトハッチからフラッグシップセダンまでラインナップしていたアルファ・ロメオ。最もフレンドリーな価格帯にあるのは、言うまでもなくコンパクト系。小柄なボディーにアルファらしさが凝縮されているのが大きな魅力だ。

アルファ147(2.0ツインスパーク搭載車)
ミト
アルファ156 GTA
アルファ156 GTA拡大
アルファスパイダー(2代目)
アルファスパイダー(2代目)拡大

【これぞアルファ・ロメオというコンセプトを体感したい】

アルファ・ロメオの魅力は、独自の美意識から生まれる印象的なスタイリングと、ドライバーを喜ばせてくれる走りの気持ちよさ。それが瞬時に伝わってくるモデルもあれば、じっくり乗り込んで濃密な味わいが得られるモデルもある。なんにせよ、いずれも紛(まご)うことなきアルファである。

アルファ156 GTA
アルファスパイダー(2代目)
ジュリア(2代目)
ジュリア(2代目)拡大
ステルヴィオ
ステルヴィオ拡大

【最新のアルファ・ロメオに乗りたい】

2015年に発表された2代目「ジュリア」から、アルファ・ロメオはよりプレミアム性を高める方向にシフト。ジュリアのSUV版ともいえる2016年発表の「ステルヴィオ」も含め、極めてハンドリングに優れ、また優雅にもスポーティーにも走れるエンジンを搭載した、アルファ流の高級感が漂うモデルを生産している。

ジュリア(2代目)
ステルヴィオ
ジュリア クーペ1300GT
ジュリア クーペ1300GT拡大
ジュリア ベルリーナ
ジュリア ベルリーナ拡大

【往年の名車のなかから選びたい】

長い歴史を持つブランドだけに、名車と呼ぶべきモデルは数え切れないほど存在する。ミラノ郊外のアルファ・ロメオ博物館でも、すべてのクルマを展示しきれないほどだ。そのなかにあって最もよく知られ、最も手に入れやすいのは、長くつくられた初代ジュリアのシリーズだろう。

ジュリア(初代)
アルファスパイダー(3代目)
アルファスパイダー(3代目)拡大
アルファGTV
アルファGTV拡大

ボディータイプで選ぶなら

【クーペ/オープン】

多少の実用性をトレードオフにしてでも非日常的な味わいを高めたオープンカーやクーペは、アルファ・ロメオの“らしさ”が最もはっきりカタチになっているといえるカテゴリー。パッと見で他と違うことが分かるインプレッシブな存在感に、強く引きつけられる。

アルファスパイダー(3代目)
アルファGTV
アルファ156
アルファ156拡大
アルファ159スポーツワゴン
アルファ159スポーツワゴン拡大
ステルヴィオ
ステルヴィオ拡大

【セダン/ワゴン/SUV】

1960年代から、家族向けのセダンやワゴンにも高性能なDOHCエンジンを積んでいたのがアルファ・ロメオ。ドライビングプレジャーにこだわる伝統は、今もなお生き続けている。歴代のいずれのモデルも美しく、そして走らせて気持ちいい。

アルファ156(2.0ツインスパーク/2.0JTS/2.5 V6 24V搭載車)
アルファ159スポーツワゴン
ステルヴィオ
ジュリエッタ(3代目)
ジュリエッタ(3代目)拡大
アルファ147 GTA
アルファ147 GTA拡大

【ハッチバック/コンパクト】

何かと制約の多いコンパクトカーであっても、自らの矜恃(きょうじ)を忘れないのがアルファ・ロメオ。実用ベースのハッチバックでも、アルファのクルマはひと味違う。何も知らずに走らせても、どこか楽しい。どこか気持ちいい。日常のなかの非日常を、日々堪能できるのだ。

ジュリエッタ(3代目)
アルファ147 GTA
ジュリア(2代目)
ジュリア(2代目)拡大
BMW 3シリーズ
BMW 3シリーズ拡大

アルファ・ロメオ車種一覧<現行モデル>

現行のアルファ・ロメオのラインナップは、2代目ジュリア以降の新世代と、それ以前に開発されたひとつ前の世代とで構成されている。例えばジュリエッタなどは後者に区分されるが、世代が古くても魅力まで古ぼけたりしないのがこのブランドの美点。後に登場したライバルを前にしても、キラリと光る何かを保ち続けているのがすごい。

ジュリア(2代目)

<ジュリア(2代目)のライバル車種は……>
このクラスにおいて最大のライバルといえるのは、BMWの「3シリーズ」だ。「アウディA4」や「メルセデス・ベンツCクラス」も同じセグメントに属している。

ジュリエッタ(3代目)
ジュリエッタ(3代目)拡大
フォルクスワーゲン・ゴルフ
フォルクスワーゲン・ゴルフ拡大
ジュリエッタ(3代目)

<ジュリエッタ(3代目)のライバル車種は……>
このクラスの王者は、言うまでもなく「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。総合的な実力の高さ、すなわち万人が納得できる乗り味と使い勝手は、どのモデルも追いつけないレベルにある。

ステルヴィオ
ステルヴィオ拡大
ランドローバー・レンジローバー イヴォーク
ランドローバー・レンジローバー イヴォーク拡大
ステルヴィオ

<ステルヴィオのライバル車種は……>
あえてライバルを探すなら、少しコンパクトな「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」か。ブリティッシュモダンなつくりと、ほどほどにスポーティーな走りで高評価を得ている。

4C
4C拡大
ポルシェ718ケイマン
ポルシェ718ケイマン拡大
4C/4Cスパイダー

<4C/4Cスパイダーのライバル車種は……>
同じくらいのサイズのミドシップとして、「アルピーヌA110」「ポルシェ718ボクスター/ケイマン」などが挙げられるが、乗り味も目指す走りの方向も皆違う。

アルファ159
アルファ159拡大

アルファ・ロメオ車種一覧<先代モデル>

先ほども述べたとおり、近年のアルファは「2代目ジュリアより前か後か」で世代が分けられる。FRプラットフォームをベースとするジュリア以降のモデルに対し、それ以前のモデルはいずれもFFをベースに開発。ルックス、ハンドリングともにアルファならではの世界観に満ちており、ユーズドカーとして考えれば、いずれのモデルも価格がだいぶこなれてきている。

アルファ159/159スポーツワゴン
アルファブレラ
アルファブレラ拡大
アルファブレラ/アルファスパイダー(3代目)
ミト
ミト拡大
ミト

エリア/地域別にアルファ・ロメオの中古車を探す

 

アルファ・ロメオの認定中古車で探す

登録7年未満8万km以内のクルマの中でも、最大100項目のチェックをくぐり抜けた車両のみがアルファ・ロメオの認定中古車“Autoexpert ”となる。最長5年の保証、24時間365日のサポートサービスなど、メリットは多々。相談や購入はアルファ・ロメオの正規販売店にて。

(文=嶋田智之、webCG)

 
中古車購入指南 ~アルファ・ロメオ編~ 2020年版の画像拡大