クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

DJサッシャが聞く BMWの走りを支える承認タイヤの秘密

スターマークタイヤはBMWのベストパートナー 2021.12.17 “駆けぬける歓び”に欠かせないスターマーク付きタイヤ<AD> BMW車のタイヤ側面にある“スターマーク”は、BMWの品質基準を100%満たす承認タイヤの証し。市販の汎用(はんよう)タイヤとは何が異なるのか? プライベートでBMWに乗るラジオDJサッシャさんが、Motoren Saitamaさいたま東でとことん聞いてきました。

“スターマーク”は信頼の証し

サッシャ:僕は現在の愛車(320dツーリングMスポーツ)に9年ほど乗っています。走行距離が多めなのでタイヤは比較的よく換えているほうだと思うんですが、ディーラーで交換したほうがいいんですか?

サービス部アドバイザー平賀啓司(以下、平賀):私たちはBMWの承認タイヤということで、“スターマークタイヤ”をお薦めしています。サイドウォールに星のマークが記されているものですね。BMWとタイヤメーカーが連携し、クルマの特性に合わせて共同で開発しています。

サッシャ:僕はいつもディーラーで交換していたんですが、そのことは知りませんでした。でもさっき確認したら、確かに(愛車のタイヤにも)星のマークが付いていましたよ。スターマークタイヤは、どんなところにアドバンテージがあるんですか?

平賀:それぞれのモデルに合わせて専用開発しています。スポーツモデルであれば、ドライグリップやウエットグリップを重視しますし、通常のモデルであれば乗り心地や静粛性を優先します。

サッシャ:3シリーズでもいろいろあって、街乗りに適したファミリー向けのモデルもあれば、Mスポーツのような走り指向のタイプもありますからね。

平賀:タイヤのブロックやコンパウンドをそれぞれのモデルに合わせて専用開発していますから、自信を持ってお薦めしております。

サッシャ:ドイツ本国でテストしているんですか?

平賀:ドイツはもちろん、日本でもテストしています。高速道路の舗装も国によって違いますから、対応する必要があります。日本の高速道路では耐水性を重視した舗装を行っていて、そういう路面に合うタイヤをご提供しています。

→さまざまな情報をお届けする「BMWサービスラウンジ」はこちら

プライベートでBMWに乗るラジオDJサッシャさん。今回、BMWの正規ディーラーMotoren Saitamaさいたま東を訪ね、同ブランドの承認タイヤについて話を聞いた。
プライベートでBMWに乗るラジオDJサッシャさん。今回、BMWの正規ディーラーMotoren Saitamaさいたま東を訪ね、同ブランドの承認タイヤについて話を聞いた。拡大
BMWの承認タイヤは“スターマークタイヤ”と呼ばれている。サイドウォールに星のマークが記されており、ひと目でそれとわかる。
BMWの承認タイヤは“スターマークタイヤ”と呼ばれている。サイドウォールに星のマークが記されており、ひと目でそれとわかる。拡大
BMWの承認タイヤについて話を伺ったMotoren Saitamaさいたま東のサービス部アドバイザー平賀啓司氏(右)。
BMWの承認タイヤについて話を伺ったMotoren Saitamaさいたま東のサービス部アドバイザー平賀啓司氏(右)。拡大
「BMW車のタイヤには確かに“スターマーク”が付いていますね。今回初めてBMWのパフォーマンスにおいて、承認タイヤがいかに重要であるかを詳しく知りました」と、サッシャさん。
「BMW車のタイヤには確かに“スターマーク”が付いていますね。今回初めてBMWのパフォーマンスにおいて、承認タイヤがいかに重要であるかを詳しく知りました」と、サッシャさん。拡大

タイヤ交換に1年間の補償サービスが付帯

サッシャ:ディーラーで交換する時、タイヤの種類を選ぶことはできますか?

平賀:スターマーク付きのタイヤは、ブリヂストン、コンチネンタル、ダンロップ、ミシュラン、ピレリといったグローバルメーカーのタイヤのなかから選ぶことが可能です。

サッシャ:そのなかでこれがいいですよ、と薦めていただけるのでしょうか?

平賀:お客さまの要望を伺って、そのうえでご案内します。もともと付いていたタイヤにご満足いただけていればそのまま同じタイヤをご提案しますし、お好みのブランドを選んでいただくこともできます。どんなサイズでも、2つか3つのタイヤメーカーから選べるようになっていますよ。

サッシャ:あと大事なのは、価格ですよね。

平賀:同じサイズでも、メーカーによって多少の価格差はあります。

サッシャ:ディーラーだと、お値段が高いというイメージがありますが……。

平賀:そう思われる方がいらっしゃいますね。でも、基本的にタイヤの価格というのはオープンプライスとなっていますので、決して高いということはありません。同じサイズ、同じ種類のタイヤであれば、同等の価格で販売しています。

サッシャ:格安タイヤというのもありますが、やっぱりよくないんでしょうね。

平賀:値段が安いというのは、それなりの理由があるのだと思います。最近皆さん目が肥えてきて、タイヤの側面にある製造年月日を気にする方も多いですね。安いタイヤは古かったりすることも。そういうものは正規ディーラーでは販売しません。

サッシャ:今乗っているクルマは、4回パンクしたんです。それまで一度もなかったのに、高速道路でくぎを踏んでしまったり、原因不明のスローパンクチャーだったり。交換した1カ月後にまたパンクしたこともありました。さすがに出費がかさんでしまって(笑)、なんとかならないものでしょうか……。

平賀:正規ディーラーでご購入いただくと、1年間のメーカー補償サービスが付きます。破損タイヤの交換時にはお客さま負担がいくらかありますが、その交換費用をメーカーとして10万円まで補償するサービスです。

サッシャ:それは安心ですね!

→さまざまな情報をお届けする「BMWサービスラウンジ」はこちら

さいたま市内の国道463号、越谷浦和バイパス沿いに建つMotoren Saitamaさいたま東のショールーム。サービスセンターも併設されている。
さいたま市内の国道463号、越谷浦和バイパス沿いに建つMotoren Saitamaさいたま東のショールーム。サービスセンターも併設されている。拡大
本当に気に入ったものを、長く大切に使いたいというサッシャさん。「愛車の性能や自身の乗り方に合うタイヤを知りたいですし、交換の回数も多くなると思うので、ディーラーでの販売価格も気になります」と、平賀さんへの質問にも熱がこもる。
本当に気に入ったものを、長く大切に使いたいというサッシャさん。「愛車の性能や自身の乗り方に合うタイヤを知りたいですし、交換の回数も多くなると思うので、ディーラーでの販売価格も気になります」と、平賀さんへの質問にも熱がこもる。拡大
「BMW車の場合、どんなサイズ(のタイヤ)でも、いくつかのグローバルタイヤメーカーのアイテムから承認タイヤが選べるようになっています。走り方やこだわりのポイントなど、お客さまのニーズにマッチするご提案が可能です」と平賀氏。
「BMW車の場合、どんなサイズ(のタイヤ)でも、いくつかのグローバルタイヤメーカーのアイテムから承認タイヤが選べるようになっています。走り方やこだわりのポイントなど、お客さまのニーズにマッチするご提案が可能です」と平賀氏。拡大
Motoren Saitamaさいたま東の平賀氏は「正規ディーラーでタイヤをご購入いただくと、1年間のメーカー補償サービスが付きます。交換費用をメーカーとして10万円まで補償するサービスです」と、正規ディーラーで行うタイヤ交換のメリットを紹介。
Motoren Saitamaさいたま東の平賀氏は「正規ディーラーでタイヤをご購入いただくと、1年間のメーカー補償サービスが付きます。交換費用をメーカーとして10万円まで補償するサービスです」と、正規ディーラーで行うタイヤ交換のメリットを紹介。拡大
ショールームに展示されていた承認タイヤとホイールのセットを発見し、「(同じサイズでの)タイヤ交換だけでなく、ホイールを含めたドレスアップの相談ができるのもいいですね」とサッシャさん。
ショールームに展示されていた承認タイヤとホイールのセットを発見し、「(同じサイズでの)タイヤ交換だけでなく、ホイールを含めたドレスアップの相談ができるのもいいですね」とサッシャさん。拡大

パンク修理はあくまでも応急処置

サッシャ:タイヤの点検はどのくらいのインターバルで行えばいいんでしょう。

平賀:乗る方の環境によっても違いますが、月に2回はご自身で空気圧とともに簡単にタイヤの様子をチェックし、できれば半年に1回はディーラーにもご相談いただければと思います。もちろん車検や定期点検の時には、私どもディーラーでも必ずチェックしています。あとは、長距離を走る場合には、その前に寄っていただくのが安心ですね。

サッシャ:なんかお手間かけちゃうかなって遠慮してしまうんですが……。

平賀:安心安全に乗っていただくためですから、ぜひお越しください。1tから1.5tを超えるようなクルマをタイヤ4つで支えているわけですから、気をつけるに越したことはありません。路面に接地している面積は、1本のタイヤあたりでハガキ1枚ぐらいなんですよ。

サッシャ:え、それじゃハガキ4枚でクルマを走らせているんですか?

平賀:だからこそ、タイヤは重要なんですね。BMWでは、タイヤの溝の深さが3mmになると交換をお勧めしています。車検の基準では1.6mmですが、溝が浅くなればなるほど制動距離は長くなりますし、クルマの性能を引き出すことができないと考えるからです。

サッシャ:前にパンクした時はディーラーが近かったので、数百メートル自走して行きました。BMWはランフラットタイヤなので、なんとか走れますからね。

平賀:走ることはできますが、最高速度80km/hで航続距離が80kmと定められています。正規ディーラーであれば、どこでも対応いたします。ただ、パンク修理はあくまでも応急処置だと思ってください。パンクすると内部の構造までは元に戻すことができないので、交換を推奨しています。

サッシャ:空気圧についても、気にかけたほうがいいでしょうか。

平賀:メーカーが指定している空気圧というのは非常に大事です。燃費ですとか運動性能を左右しますので。BMWには空気圧のセンサーが付いていますから、ご自分で確認することができますね。何か気になることがあれば、ディーラーに持ってきていただければ溝の残量チェックも合わせて拝見いたします。

→さまざまな情報をお届けする「BMWサービスラウンジ」はこちら

車両をリフトアップし、タイヤに関する点検の手順などを説明するMotoren Saitamaさいたま東のサービス部メカニック永留成浩氏(右)。普段見ることのない車両の下まわりに、サッシャさんも興味津々。
車両をリフトアップし、タイヤに関する点検の手順などを説明するMotoren Saitamaさいたま東のサービス部メカニック永留成浩氏(右)。普段見ることのない車両の下まわりに、サッシャさんも興味津々。拡大
入庫された車両のタイヤを1本1本チェック。空気圧や残溝、トレッド面やサイドウォールの亀裂やキズなどを、目視や手で触りながら確認していく。
入庫された車両のタイヤを1本1本チェック。空気圧や残溝、トレッド面やサイドウォールの亀裂やキズなどを、目視や手で触りながら確認していく。拡大
タイヤの残溝を計測。車検の基準では1.6mmだが、BMWでは溝の深さが3mmになるとタイヤ交換をお勧めしているという。
タイヤの残溝を計測。車検の基準では1.6mmだが、BMWでは溝の深さが3mmになるとタイヤ交換をお勧めしているという。拡大
「残溝と同じく空気圧チェックも大切です。タイヤの空気圧不足はトレッド面の摩耗と燃費に大きな影響を及ぼすだけでなく、タイヤの損傷や事故にもつながる恐れがあります」とメンテナンスの重要性を語る永留氏。
「残溝と同じく空気圧チェックも大切です。タイヤの空気圧不足はトレッド面の摩耗と燃費に大きな影響を及ぼすだけでなく、タイヤの損傷や事故にもつながる恐れがあります」とメンテナンスの重要性を語る永留氏。拡大
BMWでは「できれば半年に1回、それとは別に長距離を走る場合には、その前にディーラーに寄っていただくのが安心です」とユーザーに呼びかけている。
BMWでは「できれば半年に1回、それとは別に長距離を走る場合には、その前にディーラーに寄っていただくのが安心です」とユーザーに呼びかけている。拡大

名探偵であり名医でもある

サッシャ:ディーラーでタイヤ交換をお願いする際は、こちらからはどんな情報をお伝えすればいいんでしょうか。

平賀:ある程度はこちらからご質問して、今のタイヤで満足いただけないところはありますかとか、どういうのがお好みですかとお聞きします。静粛性が大切なのか、コーナリングの安定感やハンドリングを重視するのかなど、お客さまによってそれぞれですから。

サッシャ:僕としては、長持ちすることが大切だし、静粛性も重視したいですね。

平賀:320dツーリングMスポーツ向けのタイヤですと、ほとんどのメーカーのスターマークタイヤが選べると思いますよ。ディーゼルエンジン搭載車ですから、大きなトルクに耐えられるタイヤがいいのかなと思います。

サッシャ:確かに減りが早いですね。特にフロントのショルダーが早く減るような気がします。

平賀:BMWは小回りが利くので、ハンドルの舵角が大きくなってショルダーの減りが早くなる傾向がありますね。

サッシャ:なるほど。それでですか。うちの駐車場の前の道が狭くて、何回も切り返しをしないと入らないので。

平賀:その車両のタイヤを見せていただくと、どんな使われ方をしているのかはある程度わかりますね。ブロックの減り方などでも判断できますから。走り志向で山道などを走るのが好きな方だと、タイヤがささくれたりしていることも。「結構飛ばしてますね」とお声がけすると、「あれ、わかります?」と驚かれることもあります。

サッシャ:タイヤを見て運転の傾向がわかってしまうなんて、探偵みたいですね! 

平賀:駐車場の状況もわかりますね。青空駐車だと太陽の紫外線で表面にオゾンクラックというヒビが入ってしまいます。あまり乗らなくて溝は残っていても、ゴムが硬くなれば地面に食いつく力は弱まりますから、やはりタイヤを交換しなければなりません。

サッシャ:なるほど、名探偵であり名医でもあるわけですね。ディーラーであれば記録も残っているし、クルマの状況を把握できている。だからこそ、タイヤをディーラーで交換するメリットは大きいといえます。しかも、BMWの各モデルに合わせて開発したスターマークタイヤなら安心。僕もまた、BMWのディーラーでタイヤ交換したいと思います。

(語り=サッシャ/まとめ=鈴木真人/写真=花村英典)

→さまざまな情報をお届けする「BMWサービスラウンジ」はこちら

サッシャ
ラジオDJ/スポーツ実況/タレント
ドイツ・フランクフルト出身。日本語、ドイツ語、英語のトライリンガル。ドイツ人の父と日本人の母の間にドイツで生まれ、小学校4年生の時に日本に移住。テレビやラジオのレギュラーのほか、スポーツ実況アナウンサーとしてモータースポーツや自転車レース、Jリーグ、バスケットボール、ヨットレースなどでも活躍。
サッシャ
	ラジオDJ/スポーツ実況/タレント
	ドイツ・フランクフルト出身。日本語、ドイツ語、英語のトライリンガル。ドイツ人の父と日本人の母の間にドイツで生まれ、小学校4年生の時に日本に移住。テレビやラジオのレギュラーのほか、スポーツ実況アナウンサーとしてモータースポーツや自転車レース、Jリーグ、バスケットボール、ヨットレースなどでも活躍。拡大
BMWの“スターマークタイヤ”は、クルマの開発段階からそれぞれの車種に合わせて開発された最適なタイヤ。BMW本来のパフォーマンスを長く維持し、その走りを楽しむためにも、気軽に正規ディーラーに相談してほしいという。
BMWの“スターマークタイヤ”は、クルマの開発段階からそれぞれの車種に合わせて開発された最適なタイヤ。BMW本来のパフォーマンスを長く維持し、その走りを楽しむためにも、気軽に正規ディーラーに相談してほしいという。拡大
BMW車の力強い加速感やスポーティーな走りがお気に入りというサッシャさん。タイヤについては「ハンドリングはもちろんですが、長持ちすることと静粛性も重視したい」と希望を語った。
BMW車の力強い加速感やスポーティーな走りがお気に入りというサッシャさん。タイヤについては「ハンドリングはもちろんですが、長持ちすることと静粛性も重視したい」と希望を語った。拡大
「タイヤを見るとクルマの使われ方や運転の傾向がわかってしまうとは驚きです。ディーラーのサービスは名探偵であり名医であると感心しました」とサッシャさん。
「タイヤを見るとクルマの使われ方や運転の傾向がわかってしまうとは驚きです。ディーラーのサービスは名探偵であり名医であると感心しました」とサッシャさん。拡大
Motoren Saitamaさいたま東 所在地:〒336-0923 埼玉県さいたま市緑区大間木3-46-10/電話:048-712-3300/営業時間:10:00~19:00/定休日:火曜日、第2・第3水曜日
Motoren Saitamaさいたま東 所在地:〒336-0923 埼玉県さいたま市緑区大間木3-46-10/電話:048-712-3300/営業時間:10:00~19:00/定休日:火曜日、第2・第3水曜日拡大