第36回:シリーズ最新作のカーチェイスは第1作へのオマージュ!
『ボーン・レガシー』

2012.09.27 エッセイ

第36回:シリーズ最新作のカーチェイスは第1作へのオマージュ! 『ボーン・レガシー』

10年前と同じオープニング

カメラは下から水面を写している。ぼんやりとした光の中に、何かが浮かんでいるのが見える。ゆらゆらと波に揺られているのは……人だ!
10年前に、同じオープニングシーンの映画があった。『ボーン・アイデンティティー』である。マルセイユ沖で瀕死(ひんし)の状態だったジェイソン・ボーンは漁船に助けられるが、記憶喪失に陥っていた。自分が誰だかもわからない。しかし、なぜかドイツ語もフランス語も話せるし、警官に捕まりそうになると一瞬でたたきのめしてしまう。凄(すさ)まじい強さだ。

手がかりをたどるうちにジェイソンは自分が暗殺者であったことを知り、何者かに狙われていることに気づく。彼はCIAの極秘作戦「トレッドストーン計画」のために3000万ドルを費やして養成された殺人マシンだったのだ。彼は自分が何者かを探り、陰謀を暴いていく。物語は2004年の『ボーン・スプレマシー』、2007年の『ボーン・アルティメイタム』へと続いた。

マット・デイモンが演じた3部作は、そこで完結している。5年ぶりに「ボーン・シリーズ」が復活したのだ。水面に浮いていた男は、やがて静かに泳ぎ出す。そこは極寒の地アラスカの湖だった。厳しい環境の中、彼は一人でサバイバル訓練をしているようだ。

同じ頃、CIAは新聞記者サイモン・ロスがトレッドストーン計画を暴こうとするのを阻止するためにロンドンで暗殺する。彼はジェイソンが接触しようとしていた相手だ。つまり、この映画『ボーン・レガシー』は、3部作と同時に進行している物語なのだ。

(C)2012 Universal Studios. All Rights Reserved.
(C)2012 Universal Studios. All Rights Reserved.

第36回:シリーズ最新作のカーチェイスは第1作へのオマージュ! − 『ボーン・レガシー』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。