第259回:「世界一まずい朝食」と「イヴォーク」の関係

2012.08.24 エッセイ

第259回:「世界一まずい朝食」と「イヴォーク」の関係

「マーマイト」というペースト

ボクがそれと出会ったのは、前回イギリスを訪れたときである。場所はガトウィック空港近くの安宿だった。朝食はセルフサービスで、パンを焼くトースターの横に置いてあったペーストがそれだ。
甘いもの好きなボクは、チョコレートペーストを見つけ、それをたっぷりと塗った。そして自分の席に戻り、トーストをひと口かじった。その瞬間、血の気が引いた。食べ物とは思えぬほど苦い。「チョコレートである」という思い込みが指令となって先に脳に伝わっていただけに、その衝撃はさらに増幅された。

慌ててトースターのコーナーに駆け寄って瓶を取ると、ラベルには「Marmite(マーマイト)」と記されていた。そのボトルの色から「チョコレートだ」と思い込んでしまったのだ。席に戻って、あらためて残りのパン切れの匂いをかいでみる。匂いも強烈だ。

以前スイスのアッペンツェールという村で、村名と同じ名前のチーズを車内で食べたら、その匂いがクルマ中に充満して困ったことがあったが、それに勝るとも劣らない。嫌な奴のクルマの中にそれを塗りたくったら、ちょっとしたテロ行為になるだろう。顧客に対して過剰に神経をとがらせる日本なら、瓶に「これはチョコレートペーストではありません」と明記するに違いない。

後日イタリアのわが家に帰って調べてみると、例のマーマイトはビール酵母を抽出したものであることが判明した。ビールを醸造する際にできる副産物だという。「ビタミンBを豊富に含み、かつベジタリアンにも最適」というのがメーカーのセールスポイントだ。
いっぽうでその味に慣れない他の欧州人にとっては、英国の“まずいもの”の代名詞になっているという事実もわかった。ああ、よかった。ボクだけではなかったのだ。

マーマイト250g入りガラス瓶。チョコレートペーストではありません。
第259回:「世界一まずい朝食」と「イヴォーク」の関係
マーマイトにちなんでイギリスといえば【その1】。フィッシュ&チップス。太りそうである。
第259回:「世界一まずい朝食」と「イヴォーク」の関係

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。