【スペック】全長×全幅×全高=4978×1964×1435mm/ホイールベース=2959mm/車両重量=2108kg/駆動方式=RR/三相交流誘導モーター(416ps/5000-6700rpm、61.2kgm/0-5100rpm)(北米仕様車)

テスラ・モデルS シグネチャー パフォーマンス(RR/1AT)【試乗記】

時代は少しずつ変わっている 2013.04.18 試乗記 テスラ・モデルS シグネチャー パフォーマンス(RR/1AT)

日本でも今年中にデリバリーが開始されるというテスラのEV(電気自動車)サルーン「モデルS」。北米のEVベンチャーが初めて手掛けたフルオリジナルモデルを、日本の道で試した。

EVベンチャー唯一の成功例

「テスラ・モデルS」はピュアEVの5ドアハッチバック・サルーンだ。テスラ・モーターズは2003年、EV専門の自動車メーカーとして、アメリカ西海岸のシリコンバレー(パロアルト)で生まれた。08年に第1弾の「ロードスター」を発売。それと前後してトヨタやダイムラーが出資したことからもわかるとおり、2000年代に数々生まれた次世代車両ベンチャーとして、唯一の成功例といっていい。ロードスターに続き、第2弾として昨年夏にモデルSを発売、来年にはSUVの「モデルX」の発売を控えている。また、これまでに「トヨタRAV4」や「メルセデス・ベンツBクラス」のEVバージョンにモーターやバッテリーを供給してきた。

今回試乗したモデルSは、日本法人のテスラ・モーターズ・ジャパンが昨秋、予約受付を開始。まだ実物が日本にない段階から結構な数の予約が入ったという。ともあれ、今年後半のデリバリー開始を前にプロモーション目的のメディアへの貸し出しが始まった。

モデルSは、全長4978mm、全幅1964mm、全高1435mm、ホイールベース2959mmとフルサイズ。乗車定員は5人だが、オプションでリアラゲッジスペースに子供用シート2人分(後ろ向き)を装着することができる。装着しなければ、下にモーターが収まるために浅いものの、左右、奥行きともに広大な積載スペースが広がる。「ラゲッジスペース」ではなく、わざわざ「リアラゲッジスペース」と書いたのは、フロントにもラゲッジスペースがあるからだ。前輪の間にもスペースが用意される。エンジンがないとはこういうことだ。ホイールベース間のフロアに10cmほどの厚みでリチウムイオンバッテリーが敷き詰められる。一番の重量物が一切オーバーハングにかかることなく、しかも一番低い位置に置かれている。その結果、フロント48:リア52と理想的な前後重量配分を実現した。

昨年、日本法人によって予約受け付けが開始された「モデルS」だが、日本での価格や詳細な仕様などは未定となっている。
昨年、日本法人によって予約受け付けが開始された「モデルS」だが、日本での価格や詳細な仕様などは未定となっている。
全長5mに迫るボディーサイズを生かした伸びやかなデザインは、北米マツダでも活躍したデザイナー、フランツ・フォン・ホルツハウゼンの手によるもの。
全長5mに迫るボディーサイズを生かした伸びやかなデザインは、北米マツダでも活躍したデザイナー、フランツ・フォン・ホルツハウゼンの手によるもの。
ボンネットの下には150リッターのトランクルームが。駆動用のモーターはリアに搭載されている。
ボンネットの下には150リッターのトランクルームが。駆動用のモーターはリアに搭載されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る