第294回:【Movie】麗しの上海でクルマウォッチング
大矢アキオ、捨て身の路上調査員「上海編」

2013.05.03 エッセイ

エネルギッシュな街で

上海の目覚まし時計は、クルマのホーンと工事現場の機械音、それらにつられて起きる犬の鳴き声だ。それは日曜日とて同じである。エネルギッシュな街だ。

街に出れば、イタリアのアウトストラーダでは月に1回見るか見ないかといった高級車が次から次へとやってくる。その数は、上海万博が行われた2010年から、さらに増えている。
それもそのはずだ。今や上海で頻繁に見かける「ポルシェ・カイエン」および「パナメーラ」は、世界中で中国が第1位のマーケットなのである。ランボルギーニにとっても、米国に次ぐ第2位のマーケットだ。

2012年の乗用車販売台数を比較しても、活況は明らかである。EUは、加盟国すべてをまとめても1205万台(前年比8.2%減)にしか及ばないのに対し、中国は前年比7.1%増の1550万台を記録した。

特に富裕層の多い上海では、メーカーの力が入る。例えばシトロエンは今年の上海モーターショーに合わせ、DSブランド専門ショールームを市内にオープンした。各ブランドにとっては、まさに古典的な旅行パンフレットのキャッチのごとく「麗しの上海」なのである。

たしかに、習近平主席の綱紀粛正政策によって、中国では時計など高級品の売り上げにブレーキが掛かり始めているのは事実だ。今回撮影した上海の淮海中路駅付近や人民広場において、ブランドショップのビルの豪華さに対して妙にお客が少ないのは、その兆候かもしれない。

しかし、そうした一流店がずらりと立ち並ぶ間を、前述のような高級車が東京以上の頻度で交差する光景は、ボクが子どもの頃、まだ人民服を着た人がいた国とは到底思えない。

ついでにいうとボクにとっては「ケンタッキーフライドチキン」「スターバックスコーヒー」「ダンキンドーナツ」といった店を目にするたび、それらがいまだ進出していないイタリアのほうが、よほど社会主義圏っぽく感じる。

上海・豫園(よえん)にて。「レクサスLS」。
上海・豫園(よえん)にて。「レクサスLS」。
頻繁に見かける「ポルシェ・カイエン」。それもそのはず、中国での販売台数は世界ナンバーワンなのである。
頻繁に見かける「ポルシェ・カイエン」。それもそのはず、中国での販売台数は世界ナンバーワンなのである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。