第301回:「フォルクスワーゲン・ゴルフ」もやってしまった!? ホイールデザインのご法度

2013.06.21 エッセイ

唯一欲しいと思ったホイール

ボク自身は、クルマのホイールにまったくもってこだわりがない。これまでの人生において、新車でも中古車でも、購入時のホイールをおとなしく使ってきた。今乗っているクルマにはアルミホイールが標準でついてきてしまったが、たとえスチールであってもよかったと思っているくらいだ。

唯一「ああ、アルミホイールだったら」と思ったのは、以前「フィアット・ブラーヴァ」に乗っていたときである。屋外の公共駐車場に置いて東京に行き、1カ月後に帰ってきてみたら、ものの見事にホイールキャップ4枚とも盗まれていた。まあ、タイヤ+高価なアルミホイールごと盗まれてしまうユーザーはたくさんいるのだから、キャップで済んだのは、まだいいのかもしれない。
だが、自分のクルマが“鉄チン”むき出しのさまは、あまりにも悲しかった。街中にあるパーツショップのおやじも慣れたもので、「ホイールキャップ盗まれちゃった」と告げると、即座に「はいよ!」と同じ物を出してくれた。 

しかし、今までの人生で、本気で欲しいと思ったホイールが、ひとつだけある。1970年代中盤にジウジアーロがデザインしたホイールだ。1976年のコンセプトカー「アッソ・ディ・クアドリ」のために手掛けたホイールをベースに、メルバ社が「Scacchiera(スカッキエーラ)」の名前で市販したものである。

当時小学生だったボクには当然知る由もなかったが、「Scacchiera」とはイタリア語でチェス盤の意味である。その名のとおり、複数の線で十字型を作っただけのシンプルなものだったが、従来のあらゆるホイールと一線を画していた。市販版にはジウジアーロのサインも刻まれていた。

スカッキエーラは、カーデザイン界にとどまらず自動車界に少なからぬ衝撃をもたらしたようだ。ジュネーブショーの自動車ガイドブックとして有名な「オートモビルレビュー」は、アッソ・ディ・クアドリの足元、要はスカッキエーラだけを超アップで撮影し、表紙に採用した。

もうひとつボクが記憶しているスカッキエーラの美点は、それだけ個性的なデザインでありながら、かなり広い種類のクルマにムードがマッチしたことである。だからボクは、将来免許を取ってどんなショボいクルマに乗ろうと、足元だけはスカッキエーラで固めようと思っていたものだ。

「スカッキエーラ」を履いたイタルデザインの1976年「BMW Karman asso di Quadri」。
「スカッキエーラ」を履いたイタルデザインの1976年「BMW Karman asso di Quadri」。
ジウジアーロは、その後も自らの作品にスタイリッシュなホイールを組み合わせた。これは1978年「BMW M1」。プロペラが回転するさまをイメージさせるホイールのデザインは、航空エンジン製造を発祥とするBMWにふさわしい。
ジウジアーロは、その後も自らの作品にスタイリッシュなホイールを組み合わせた。これは1978年「BMW M1」。プロペラが回転するさまをイメージさせるホイールのデザインは、航空エンジン製造を発祥とするBMWにふさわしい。
こちらもジウジアーロによる名作、1981年「デロリアンDMC12」。力強く回る航空機用ターボファンエンジンのタービンを、見る者に想像させる。
こちらもジウジアーロによる名作、1981年「デロリアンDMC12」。力強く回る航空機用ターボファンエンジンのタービンを、見る者に想像させる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。