第54回:“野性の速さ”は欧州へ――人もクルマも飛びまくる! 『ワイルド・スピード EURO MISSION』

2013.06.27 エッセイ

クラッシュするクルマは倍以上

『ワイルド・スピード』シリーズの最新作が、早くもやってきた。2年前に紹介したのは『MEGA MAX』だったから、言葉の意味からすればそれ以上はないはずだ。でも、大ヒットのドル箱シリーズをやめるわけがない。第3作の『TOKYO DRIFT』は時系列からいうと今回の第6作の後という設定だったので、これでようやくすべてがつながることになる。

前作ではブラジルの裏社会を支配する黒幕から大金を強奪し、その金を持って海外に逃亡したのだった。彼らは指名手配されているから故国のアメリカに帰れるはずもなく、ヨーロッパで穏やかな生活を送っているという設定である。そこでも事件に巻き込まれ、チームが再結集して最強の敵と戦うことになる。『EURO MISSION』というのは、そういう意味だ。

『MEGA MAX』のクライマックスでは、巨大な金庫を引きずりながら街を爆走するというむちゃなことをしていた。新作では、それを上回る派手なアクションを見せなければ観客は納得しない。シリーズ物のアクションは、必ずインフレを起こして過激になっていくものだ。というわけで、クラッシュして破壊されるクルマの数は、おそらく倍以上になっている。なんとも景気よくバンバン壊し、数百台がスクラップになったようだ。資源の無駄遣いなのは間違いないが、まあ、そういう映画なのである。

(C)Universal Pictures


この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。