さらにパワフルな「C63 AMG」が登場

2013.07.30 自動車ニュース
メルセデス・ベンツC63 AMG エディション507
メルセデス・ベンツC63 AMG エディション507

さらにパワフルな「C63 AMG」が登場

メルセデス・ベンツ日本は2013年7月30日、「C63 AMG」の動力性能を向上させた「C63 AMG エディション507」(セダン/ステーションワゴン/クーペ)を発表した。8月1日に発売する。

 

6.2リッターV8エンジンには、鍛造ピストンや軽量クランクシャフトなどを採用したほか専用のチューニングを施し、ベースモデルより50psと1.0kgm強力な507ps/6800rpmと62.2kgm/5200rpmを発生させる。0-100km/h加速は4.3秒(ベースモデルから0.2秒の短縮)。
また、動力性能の向上に併せてブレーキも強化し、前後のブレーキディスクを大径化した(前:360→390mm、後ろ:330mm→360mm)AMG強化ブレーキシステムを採用する。

同モデルの専用装備は以下のとおり。

「C63 AMG エディション507」シリーズの主な専用装備
・ボンネット(ハイグロスブラックエアアウトレット付き)
・AMGトランクリッドスポイラーリップ(ハイグロスブラック。セダンとクーペに採用)
・マットブラックフレーム付きフロントグリル
・マットブラックLEDドライビングライト
・マットグレーサイドデカール
・マットブラックペイント19インチAMGクロススポークアルミホイール(鍛造)
・AMGレッドブレーキキャリパー
・ブラックドアミラーハウジング
・AMGスポーツシート(designoナッパレザー、またはdesignoナッパレザー/DINAMICA)
・AMGパフォーマンスステアリング(センターマーキング入り)
・シルバーシフトノブ(AMG「アファルターバッハ」エンブレム付き)
・AMGメーターパネル(レッドライン付き)
・ピアノラッカー調インテリアトリム
・「Edition 507」エンブレム

セダンとクーペでは左ハンドル/右ハンドルとも選べるが、ステーションワゴンは右ハンドルのみの設定。価格帯は1210万円(セダン)から1230万円(ステーションワゴン)まで。

・C63 AMG エディション507:1210万円
・C63 AMG ステーションワゴン エディション507:1230万円
・C63 AMG クーペ エディション507:1220万円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
ホームへ戻る