スズキがエコで個性的なクロスオーバーを提案【東京モーターショー2013】

2013.10.29 自動車ニュース
「スズキ Crosshiker(クロスハイカー)」
「スズキ Crosshiker(クロスハイカー)」

【東京モーターショー2013】スズキがエコで個性的なクロスオーバーを提案

スズキは2013年10月29日、第43回東京モーターショー2013(開催期間:2013年11月20日~12月1日、一般公開日は11月23日から)で世界初公開を予定しているコンセプトカー「Crosshiker(クロスハイカー)」の概要を発表した。

クロスハイカーは、「中身はエコでありながらも、デザインはキャラクター性のある愛着が持てるものにしたい」というコンセプトものとに企画されたコンパクトなクロスオーバーである。

プラットフォームは、2011年の東京モーターショーに出展されたコンセプトカー「REGINA(レジーナ)」の次世代型プラットフォームをさらに改良したもので、高効率のパワートレインとの組み合わせによって、車両重量を軽自動車なみに抑えているという。

エクステリアデザインは、「大人のためのパーソナル・クロスオーバー」というテーマのもとに、ワイドなボディーとコンパクトなグラスキャビンの組み合わせで構成。インテリアは「いくつものレイヤー(層)が乗員をシェル(貝)のように包み込む」ようなデザインで、ドライバー前方のディスプレイには、多数のクラウドアプリを音声入力で操る「パーティクル・インターフェイス」を採用しているという。

主要諸元
・全長×全幅×全高:3650×1695×1540mm
・ホイールベース:2425mm
・車両重量:810kg
・駆動方式:FF
・トランスミッション:CVT
・パワーユニット:996cc 直列3気筒デュアルジェットエンジン+エネチャージII+アイドリングストップシステム

(webCG)

スズキの「東京モーターショー2013」関連ニュース
→「スズキ、ユーザーの日々を彩る29台を展示」
→「『ジムニー』ベースのHVをスズキが提案」
→「スズキから軽規格のクロスオーバー車が登場」
→「ターボエンジンのバイクをスズキが提案」
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。