スズキ、ユーザーの日々を彩る29台を展示【東京モーターショー2013】

2013.10.29 自動車ニュース
「スズキ Crosshiker(クロスハイカー)」
「スズキ Crosshiker(クロスハイカー)」

【東京モーターショー2013】スズキ、ユーザーの日々を彩る29台を展示

スズキは2013年10月29日、第43回東京モーターショー2013(開催期間:2013年11月20日~12月1日、一般公開日は11月23日から)の出展概要を発表した。

「X-LANDER(エックス・ランダー)」
「X-LANDER(エックス・ランダー)」
「HUSTLER Coupe(ハスラークーペ)」
「HUSTLER Coupe(ハスラークーペ)」
「Recursion(リカージョン)」
「Recursion(リカージョン)」

今回、スズキは「新しい物語を作ろう。」というコンセプトでブースを構成。「ユーザーの日々に何かをプラスし、新しい物語をつくりたい」というテーマのもと、1475平方メートルのスペースに、四輪18台、二輪10台、セニアカー1台の、総勢29台を展示する。

四輪では、2011年の東京モーターショーに出展された「REGINA(レジーナ)」を発展、進化させたコンパクトクロスオーバーの「Crosshiker(クロスハイカー)」をはじめ、コンパクトな本格ハイブリッド4WD車の「X-LANDER(エックス・ランダー)」、軽規格のクロスオーバー「HUSTLER(ハスラー)」および「HUSTLER Coupe(ハスラークーペ)」の世界初公開を予定。フランクフルトショーで発表されたコンパクトSUVの「iV-4」も展示するとしている。

このほかにも、二輪では600ccクラスの2気筒ターボエンジンを搭載した「Recursion(リカージョン)」や電動ミニモトバイクの「EXTRIGGER(エクストリガー)」、フラッグシップスポーツバイク「ハヤブサ」の日本仕様などを展示。音声案内機能などを搭載した「セニアカー」のコンセプトモデルも出展を予定している。

(webCG)

スズキの「東京モーターショー2013」関連ニュース
→「スズキがエコで個性的なクロスオーバーを提案」
→「『ジムニー』ベースのHVをスズキが提案」
→「スズキから軽規格のクロスオーバー車が登場」
→「ターボエンジンのバイクをスズキが提案」

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。