「ジムニー」ベースのHVをスズキが提案【東京モーターショー2013】

2013.10.29 自動車ニュース
「スズキX-LANDER(エックス・ランダー)」

【東京モーターショー2013】「ジムニー」ベースのHVをスズキが提案

スズキは2013年10月29日、第43回東京モーターショー2013(開催期間:2013年11月20日~12月1日、一般公開日は11月23日から)で世界初公開を予定しているコンセプトカー「X-LANDER(エックス・ランダー)」の概要を発表した。




「エックス・ランダー」の駆動システムの透視図。黄がトランスミッション、緑がバッテリー、赤がセンターデフで、青がモーター。

同車はコンパクトSUVの「ジムニー」をベースに、軽量小型のハイブリッドシステムを組み合わせた、ハイブリッド4WD車である。

パワーユニットは1242ccの直4デュアルジェットエンジンで、トランスミッションには新開発の自動制御マニュアルトランスミッションを採用。モーターは、駆動力を配分するトランスファーに装備している。

また、汚れを簡単にふき取ることができる樹脂素材を採用したインテリアや、タイヤ付近の路面状態を常に表示するフローティングディスプレイなど、随所にオフロード車ならではの装備を採用。リアには、今回の東京モーターショーで公開を予定している二輪のコンセプトカー「EXTRIGGER(エクストリガー)」を積むことができる。

主要諸元
・全長×全幅×全高:3600×1695×1700mm
・ホイールベース:2300mm
・駆動方式:4WD
・トランスミッション:自動制御マニュアルトランスミッション
・パワーユニット:1242cc 直列4気筒デュアルジェットエンジン+1モーターハイブリッドシステム

(webCG)

スズキの「東京モーターショー2013」関連ニュース
→「スズキ、ユーザーの日々を彩る29台を展示」
→「スズキがエコで個性的なクロスオーバーを提案」
→「スズキから軽規格のクロスオーバー車が登場」
→「ターボエンジンのバイクをスズキが提案」
 

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。