ダイハツ「着せ替え」できる軽オープンを提案【東京モーターショー2013】

2013.10.30 自動車ニュース
「ダイハツ KOPEN future included Rmz(コペン・フューチャーインクルーデッド アール・エムゼット)」
「ダイハツ KOPEN future included Rmz(コペン・フューチャーインクルーデッド アール・エムゼット)」

ダイハツが「着せ替え」できる軽のオープンカーを提案【東京モーターショー2013】

ダイハツ工業は2013年10月30日、第43回東京モーターショー2013(開催期間:2013年11月20日~12月1日、一般公開日は11月23日から)に出展するコンセプトカー「KOPEN(コペン)」の概要を発表した。

「KOPEN future included Rmz」のインテリア。
「KOPEN future included Rmz」のインテリア。
「KOPEN future included Xmz(コペン・フューチャーインクルーデッド クロス・エムゼット)」
「KOPEN future included Xmz(コペン・フューチャーインクルーデッド クロス・エムゼット)」
「KOPEN」のボディー骨格。
「KOPEN」のボディー骨格。

コペンは、「新感覚・オープンスポーツ NEW FUN+」というコンセプトのもとに開発された、軽規格のオープンスポーツモデルである。ルーフには、2分割の電動格納式ハードトップを採用。エンジンはKF型の3気筒インタークーラーターボで、パドル式のCVTを介して前輪を駆動する。

特徴は、樹脂製のボディーパネルを脱着できる車体構造にあり、スマートフォンのカバーケースのように、自由にボディーパネルを着せ替えることが可能。脱着が可能なのは、フロントバンパー、リアバンパー、ボンネットフード、トランクフード、フロントフェンダー(左右)、リアフェンダー(左右)、ドアパネル(左右)、サイドシル(左右)の計12カ所で、前後ランプとルーフを除く、すべてのパネルを交換することができる。

なお、今回のモーターショーでは「KOPEN future included Rmz(コペン・フューチャーインクルーデッド アール・エムゼット)」と、「KOPEN future included Xmz(コペン・フューチャーインクルーデッド クロス・エムゼット)」の、デザインの異なる2台の車両を展示。ブースでは車両の外観を交換するデモンストレーションも行われる予定だ。

(webCG)

→「ダイハツ・コペン」のより詳細な写真はこちら

ダイハツの「東京モーターショー2013」関連ニュース
→「ダイハツは軽乗用車の可能性を追求」
→「ダイハツが『より広くてより便利』な軽を開発」
→「軽規格の燃料電池車がダイハツから登場」
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コペン ローブの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・コペン セロ(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.2 試乗記 「ダイハツ・コペン」に、初代モデルを思わせる丸いヘッドランプが特徴的な第3のデザイン「CERO(セロ)」が登場。ダイハツが誇る軽オープンスポーツカーの魅力に浸りつつ、いよいよ実現した“自動車の着せ替え”がかなえる可能性を想像する。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • 「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。
ホームへ戻る