新型SUVの「ポルシェ・マカン」登場【東京モーターショー2013】

2013.11.21 自動車ニュース
「ポルシェ・マカン ターボ」と、独ポルシェAGのオリバー・ブルーメ氏。
「ポルシェ・マカン ターボ」と、独ポルシェAGのオリバー・ブルーメ氏。

【東京モーターショー2013】新型SUVの「ポルシェ・マカン」登場

ポルシェ ジャパンは、2013年11月20日に開幕した「東京モーターショー2013」において、新型SUV「マカン」と、「パナメーラ」シリーズの最上級グレードである「パナメーラ ターボSエグゼクティブ」を公開した。

「マカン ターボ」
「マカン ターボ」
今回が世界初公開となる「パナメーラ ターボSエグゼクティブ」。
今回が世界初公開となる「パナメーラ ターボSエグゼクティブ」。
プラグインハイブリッド車の「パナメーラS E-ハイブリッド」。
プラグインハイブリッド車の「パナメーラS E-ハイブリッド」。
競技用車両の「911 GT3 Cup」。
競技用車両の「911 GT3 Cup」。

マカンは「カイエン」よりひとまわり小柄な、ポルシェにとって初の“コンパクトSUV”である。世界初公開は、米国で開催されているロサンゼルスオートショーですでに済まされていたが、それは日本でのお披露目のわずか数時間前のこと。海外のメディアも含め、東京の会場にいる人々の多く……というより、恐らくほぼ全員にとって、今回が初めてお目にかかる機会となったはずだ。

ポルシェがコンパクトSUVと位置付けるマカンだが、そのボディーは全長×全幅×全高=4699×1923×1624mm(「ターボ」の欧州仕様)と、国産のミドルサイズSUVよりむしろ大柄な、堂々としたもの。ラインナップは、3リッターV6ツインターボエンジンの「S」、3リッターV6ディーゼルターボエンジンの「Sディーゼル」、そして400psの3.6リッターV6ツインターボエンジンを搭載した「ターボ」の3種類で、今回の東京モーターショーには最上級グレードのターボを出展していた。

一方、パナメーラ ターボSエグゼクティブは、正真正銘、今回のお披露目が世界初公開となる。ポルシェが“ワールドプレミア”の舞台に東京モーターショーを選ぶのは、実に9年ぶりのことだ。このほかにも「911ターボSカブリオレ」や「911 GT3 Cup」「パナメーラ S E-ハイブリッド」、そして「911 50thアニバーサリーエディション」と、今回の東京モーターショーでは“ジャパンプレミア”がめじろ押し。黒坂登志明ポルシェ ジャパン代表取締役社長いわく「過去にない東京モーターショーになっている」とのことだった。

黒坂社長とともにプレスカンファレンスで登壇した独ポルシェAGの生産およびロジスティック担当取締役のオリバー・ブルーメ氏は、日本について「ポルシェを支えてくれるエンスージアストやコレクターが多い、大切な市場」とコメント。日本市場を重視する姿勢を強調した。

そんな今回の東京ショー・ポルシェブースにおいて、唯一残念だったのが「918スパイダー」が出展されなかったこと。事前のプレスリリースによると、東京ショーとほぼ同時期に開催される、広州ショーとロサンゼルスショーではお披露目される予定となっていたはず。最高出力は887ps、0-100km/hは2.6秒というプラグインハイブリッドのスーパースポーツモデルを、ぜひ東京で見てみたかった。

(webCG 堀田)

→「マカン」を含む、ポルシェの出展車両の詳しい写真はこちら
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。