「Honda Racing THANKS DAY 2013」開催

2013.12.01 自動車ニュース
ホンダレーシングのライダー、ドライバー、チーム監督など総勢41名による記念撮影。

名だたる選手とマシンが集結! 「Honda Racing THANKS DAY 2013」開催

2013年11月30日、栃木県芳賀郡茂木町にあるツインリンクもてぎにおいて、ホンダレーシングによるファン感謝祭「Honda Racing THANKS DAY 2013」が開催された。

「ホンダRA301」、「ロータス ホンダ100T」、「マクラーレン ホンダMP4/6」によるヒストリックマシン走行。ドライバーは順に、佐藤琢磨選手、中嶋 悟氏、塚越広大選手が担当。
ホンダレーシングを代表する歴代マシンによるデモンストレーション走行。ホンダが1963年に世界GP鈴鹿戦に投入した「RC164」、1976年にヨーロッパ耐久選手権で8戦中7勝した「RCB1000」、1988年にワイン・ガードナー選手が駆った「NSR500」、1997年にマイケル・ドゥーハン選手が乗った「NSR500」が登場。ライダーは順に、伊藤真一、玉田 誠、秋吉耕佑、高橋 巧の各選手が務めた。
歴代ホンダ車“人気ランキングTOP10”をパドックに展示。1位は「ビート」、2位が「NSX」、3位が「エディックス」。
マルク・マルケス選手の「RC213V」がスーパースピードウェイを走り、グランドスタンドのファンを魅了。
二輪と四輪がリレー形式で戦う「Honda Racingスペシャル・レース」。後半は「N-ONEレーススタディモデル」により順位を競う。助手席に乗るのは、チームメイトのライダー。追い迫るライバルにおきて破りの“ウィンドウウオッシャー攻撃”を仕掛けるドライバーも。
「SUPER GTファイナル・バトル」。今シーズンで現役を退くSUPER GTマシン「HSV-010 GT」によるデモンストレーション走行。
「NSX GT」と「HSV-010 GT」を従えてロードコースを走る2014年のSUPER GTマシン「NSXコンセプトGT」。ドライバーは伊沢拓也選手。

■ホンダのライダー、ドライバーが勢ぞろい

2013年のホンダレーシングは、四輪では、佐藤琢磨選手がインディカーシリーズで日本人初の勝利を手にし、また、WTCC(世界ツーリングカー選手権)では本格参戦初年度にしてガブリエル・タルキーニ選手がランキング2位を獲得するなど好調な成績をおさめている。国内でも、スーパーフォーミュラやSUPER GT選手権GT300クラスのシリーズ優勝など、話題の多い年になった。
二輪では、MotoGP初参戦のマルク・マルケス選手が史上最年少チャンピオンに輝き、新しい時代の到来を予感させるシーズンになっている。

そんなホンダレーシングへの応援に感謝する恒例のイベントが「Honda Racing THANKS DAY」。今年は国内外のレースで活躍するライダー、ドライバー、そして、レーシングマシンを間近で見ようというファン1万500人が、快晴のツインリンクもてぎに集まった。

この日は、ツインリンクもてぎのロードコースとオーバルのスーパースピードウェイを使い、デモンストレーション走行などさまざまなプログラムが実施された。
午前11時半過ぎには、ホンダが1963年の世界GP鈴鹿戦に投入した「RC164」をはじめ、1988年にワイン・ガードナー選手が駆った「NSR500」、1997年にマイケル・ドゥーハン選手が乗った「NSR500」などが登場。さらに、1968年の「ホンダRA301」、1988年の「ロータス ホンダ100T」、1991年の「マクラーレン ホンダMP4/6」が、甲高いエンジンサウンドをコースにこだまさせイベントがスタート。早速、ホンダレーシングのライダー、ドライバー、チーム監督など総勢41名がグランドスタンドやパドックに集まったファンに感謝を示した。

その後は、現役ライダーやドライバーが、趣向を凝らしたデモンストレーション走行でファンを楽しませた。
例えば、「Honda Racingスペシャル・レース」では、ライダーとドライバー各1名がコンビを組み、まずはライダーが「CBR250R」でスタート。コースを4周すると、ピットでチームメイトの「N-ONEレーススタディモデル」の助手席に乗り込み、ドライバーとともにコースを4周するという、なんともユニークなリレー形式のワンメイクレースが行われた。リレーの際にライダーがチームメイトのN-ONEを見失ったり、また、追い迫るライバルに、おきて破りの“ウィンドウウオッシャー攻撃”を仕掛けたりと、普段のレースでは見ることできないシーンが会場の笑いを誘った。

また、終盤では、このイベントが見納めになるSUPER GTの「HSV-010 GT」がバトルを演じ、さらに、2014年に投入される「NSXコンセプトGT」がロードコースを駆け抜けた。

一方、ピットでは、レーシングマシンや二輪、四輪のヒストリックマシンを間近で見ることができる。中でもコックピット搭乗やタイヤ交換の体験ができるコーナーが人気を呼んだ。また、ホンダ四輪販売50周年を記念し、歴代ホンダ車人気投票で選ばれたトップ10の車両がパドックに展示され、注目を集めていた。

レースファンだけでなく、すべてのホンダ好きがモータースポーツを身近なものとして楽しむことができるHonda Racing THANKS DAY。果たして、2014年はどんな結果をこのイベントで報告してくれるのか、ホンダレーシングの活躍に期待したい。

(文と写真=生方 聡)

→「Honda Racing THANKS DAY 2013」をさらに詳しく! その他の写真はこちらから

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。