スズキ・ハスラー 開発者インタビュー

新種の軽カー 2013.12.24 試乗記 スズキ株式会社
第一カーライン チーフエンジニア
沼澤正司(ぬまざわ まさし)さん

軽ワゴンの使い勝手にSUVの魅力をプラスした「スズキ・ハスラー」。軽クロスオーバーというユニークなクルマが誕生した経緯を、開発者に聞いた。

手応えを感じた東京モーターショー

軽ワゴンのユーティリティーの高さとSUVの機動力を兼ね備えたという、新型軽自動車「ハスラー」がスズキより発表された。「東京モーターショー2013」でも注目されていたから、すでにご覧になった方も多いかもしれない。
ニューモデルの発表にあたり、「軽クロスオーバー」という新ジャンルが生まれた理由や開発の経緯をうかがう機会を得た。ただしインタビューのタイミングの関係から、インタビュアーはハスラーに試乗していないことをお断りしておきたい。
質問に答えてくださったのは、チーフエンジニアの沼澤正司氏と、チーフデザイナーの服部守悦氏のふたりである。

――軽自動車の新しいジャンルを開拓することになったきっかけから教えてください。

沼澤:ご存じの通り、軽自動車の市場は年々大きくなっており、2013年は210万台前後と過去最高になる見込みです。これだけ軽自動車のパイが大きくなっている中で、スズキはラインナップが足りないのではないかということになりました。そこで新しいジャンルを追加しようということで、議論が始まったのです。「ワゴンR」と同じものを作っても仕方がありませんので、どんなモデルにしようか、知恵を出し合いました。

――新ジャンルをクロスオーバーにすることは、すんなりと決まったのでしょうか?

沼澤:それは比較的あっさりと決まりましたね。登録車(普通乗用車)でクロスオーバーが人気になっているのも見ていましたから。クロスオーバーは日常の足としての役割もこなしますし、雪国ではむしろ生活のクルマとしてベストマッチ。トータルで考えて、受け入れられやすい車型だという結論に達しました。

――東京モーターショー2013では、かなりの人を集めていました。

沼澤:一般公開日にウチのブースにあれだけ人が集まるのも珍しい、なんて冗談で言いましたが(笑)。若い女性が記念写真を撮っていたり、大学生がこれでスキーに行きたいと言ってくれたり、手応えはありましたね。

2013年の東京モーターショーに出展された「スズキ・ハスラー」。
2013年の東京モーターショーに出展された「スズキ・ハスラー」。
機能性とデザイン性を併せ持ったインパネまわり。ボディーカラーがオレンジの場合はオレンジ、その他の場合はホワイトのパネルが採用される。
機能性とデザイン性を併せ持ったインパネまわり。ボディーカラーがオレンジの場合はオレンジ、その他の場合はホワイトのパネルが採用される。
豊富なバリエーションも「スズキ・ハスラー」の特長。こちらはターボエンジンを搭載した4WD車。自然吸気エンジン搭載車には、5段MT仕様も用意されている。
豊富なバリエーションも「スズキ・ハスラー」の特長。こちらはターボエンジンを搭載した4WD車。自然吸気エンジン搭載車には、5段MT仕様も用意されている。
<プロフィール>
1986年入社。四輪ボディー設計部に配属され、3代目「アルト」のボディー設計に携わる。以来、一貫して“ボディー畑”を歩み、「セルボ モード」や初代「ワゴンR」などを担当した。2年前に始まった企画の立ち上げから「ハスラー」に関わる。「家族にはピンクの人気が高いけれど、個人的にはブルーが好み」だとか。
<プロフィール>
    1986年入社。四輪ボディー設計部に配属され、3代目「アルト」のボディー設計に携わる。以来、一貫して“ボディー畑”を歩み、「セルボ モード」や初代「ワゴンR」などを担当した。2年前に始まった企画の立ち上げから「ハスラー」に関わる。「家族にはピンクの人気が高いけれど、個人的にはブルーが好み」だとか。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ハスラーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る