第68回:ラウダvsハント――あの頃のF1は熱かった!
『ラッシュ/プライドと友情』

2014.02.04 エッセイ

レースが白熱すれば映画も豊作

レースやラリーを扱った映画の中で、ナンバーワンはどの作品だろう。1966年の『男と女』を挙げる人は多そうだ。モンテカルロ・ラリーやルマン24時間レースが舞台で、「フォード・マスタング」や「フォードGT40」が登場する。『グレートレース』や『グラン・プリ』が同時期に公開されていて、レースが盛り上がっていた時代だからこその豊作なのだろう。

21世紀になってからの作品を見ると、『ドリヴン』や『スピード・レーサー』なんていう悲惨なラインナップになってしまう。ウィル・フェレルとサシャ・バロン・コーエンが出ていた『タラデガ・ナイト オーバルの狼』は頑張っていたが、まあ、ドタバタ映画だ。現実のレースが白熱していなければ、映画だって面白いものにはならない。

『ラッシュ/プライドと友情』が1976年のF1を題材にしたのは、いい選択だったと思う。ニキ・ラウダとジェームス・ハントが主人公である。F1で男たちの熱い戦いが繰り広げられていた頃の話だ。情熱や勇気が支配していたと言えば聞こえがいいが、有り体に言えば野蛮な時代だった。映画の冒頭では、「毎年25人中2人が死ぬ」というセリフがある。現在のF1とは、安全性の面で雲泥の差があった。今ではレースよりもスキーのほうが危険だったりもするが、あの頃ドライバーたちは常に死と隣り合わせだったのだ。

(C) 2013 RUSH FILMS LIMITED / EGOLITOSSELL FILM AND ACTION IMAGE.ALL RIGHTS RESERVED.
(C) 2013 RUSH FILMS LIMITED / EGOLITOSSELL FILM AND ACTION IMAGE.ALL RIGHTS RESERVED.

第68回:ラウダvsハント――あの頃のF1は熱かった!『ラッシュ/プライドと友情』の画像

第68回:ラウダvsハント――あの頃のF1は熱かった!『ラッシュ/プライドと友情』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。