第225回:最新のポルシェが大集結
ポルシェ フルモデルレンジ試乗会(後編)

2014.02.06 エディターから一言
「ポルシェ フルモデルレンジ試乗会」会場の様子。
「ポルシェ フルモデルレンジ試乗会」会場の様子。

最新のポルシェがずらりと並んだ「ポルシェ フルモデルレンジ試乗会」。
前編に引き続き、4台のポルシェに試乗した。

「パナメーラ」
「パナメーラ」

第225回:最新のポルシェが大集結ポルシェ フルモデルレンジ試乗会(後編)の画像
身長185cmの筆者には、膝まわりがややタイトな「パナメーラ」の後席。
身長185cmの筆者には、膝まわりがややタイトな「パナメーラ」の後席。
【スペック】パナメーラ:全長×全幅×全高=5015×1930×1420mm/ホイールベース=2920mm/車重=1810kg/駆動方式=FR/3.6リッターV6 DOHC 24バルブ(310ps/6200rpm、40.8kgm/3750rpm)/価格=994万円/テスト車=1199万2000円(ツートンカラーインテリア<マルサラレッド/クリーム>73万3000円/LEDヘッドライト=46万7000円/アダプティブエアサスペンション=61万8000円/カラークレストホイールセンターキャップ=2万9000円/フロアマット=3万2000円/シートヒーター<フロント/リア>=17万3000円)
【スペック】パナメーラ:全長×全幅×全高=5015×1930×1420mm/ホイールベース=2920mm/車重=1810kg/駆動方式=FR/3.6リッターV6 DOHC 24バルブ(310ps/6200rpm、40.8kgm/3750rpm)/価格=994万円/テスト車=1199万2000円(ツートンカラーインテリア<マルサラレッド/クリーム>73万3000円/LEDヘッドライト=46万7000円/アダプティブエアサスペンション=61万8000円/カラークレストホイールセンターキャップ=2万9000円/フロアマット=3万2000円/シートヒーター<フロント/リア>=17万3000円)

ポルシェ・パナメーラ(FR/7AT)……価格=994万円/テスト車=1199万2000円

「パナメーラ」に試乗する前は、「ステーキ食べ放題におけるデザート」くらいに考えていたのだが、それは大変な誤りであった。

これまでパナメーラを町で見かけるたびに、「フロントエンジンで、ドアが4枚もついているポルシェなんて……」と心のどこかで思っていたのだが、それはまさしく食わず嫌いの最たるもので、青春ドラマだったら「お前、いいヤツだったんだな。ゴメンよ!」と、夕焼け空の河原で熱い握手と抱擁を交わしているところである。

4シーターサルーンなどという、軟弱者のいでたちでありながら、そのくせいざ走りだしてみると、大きすぎると思っていたボディーサイズはふた回りくらい小さく感じるほど、しっかりスポーティー。
目の前にある5連のメーターはコックピット感たっぷりで、この点でも「諸般の事情によりスポーツカーには乗れないんです」というお父さんの気持ちを満たしてくれるだろう。

こんな大きくてドアがたくさん付いているクルマなのに、ちゃんとその気にさせるあたりにポルシェのスゴさを感じる。
森田健作だけが「男」ではないように、911だけがポルシェではないのだと、あらためて感じた次第だ。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS E-ハイブリッド(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.8.22 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のトップグレード「ターボS E-ハイブリッド」に試乗。プラグインハイブリッドシステムは燃費性能のみならず、サルーンとしての快適性やポルシェ車としてのスポーツ性能も大きく進化させていた。カナダ・バンクーバー島からのリポート。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • マセラティ・グラントゥーリズモMC/グランカブリオ スポーツ【海外試乗記】 2017.8.26 試乗記 2007年のデビューから10年、「マセラティ・グラントゥーリズモ」が最後(?)のマイナーチェンジを受けた。大排気量の自然吸気V8エンジンをかたくなに守り続ける“ご長寿GT”の、最新のハイパワーターボ車にはない魅力をリポートする。
ホームへ戻る