ホンダから新型「タイプR」のコンセプトカー【ジュネーブショー2014】

2014.03.04 自動車ニュース
「ホンダ・シビック タイプRコンセプト」
「ホンダ・シビック タイプRコンセプト」

【ジュネーブショー2014】ホンダから新型「シビック タイプR」のコンセプトカー

本田技研工業は2014年3月4日、ジュネーブモーターショー(会期:2014年3月4日~3月16日)において「シビック タイプRコンセプト」を発表した。


ホンダから新型「タイプR」のコンセプトカー【ジュネーブショー2014】の画像
2014年シーズンのWTCCに投入される「ホンダ・シビックWTCC」。
2014年シーズンのWTCCに投入される「ホンダ・シビックWTCC」。

シビック タイプRコンセプトは、次期型「シビック タイプR」(欧州向け)のデザインの方向性を示すコンセプトモデルである。

エクステリアの各所に高い走行性能を発揮するための機能を採用しており、ダウンフォースを高めながらドラッグ(空気抵抗)を抑制するフロントバンパーや、LEDコンビネーションランプ内蔵のリアスポイラーなど、そのデザインはドイツ・ニュルブルクリンクサーキットにおける開発テストの結果を反映したものとなっている。

また、赤い縁取りが施された20インチホイールやフロントスポイラー、赤く塗られた大径ブレーキキャリパーなど、操る喜びを感じさせるようなデザインを随所に取り入れている。

次期型シビック タイプRは、パワーユニットに280ps以上の最高出力を目指して開発中の2リッター直噴ガソリンターボエンジンを採用。加速性能、ハンドリング、燃費性能を高次元で両立したモデルとして、2015年に欧州での発売を予定している。

ホンダのブースではこのほかにも、開発に使用されているシビック タイプRのテスト車や、2014年のFIA世界ツーリングカー選手権に投入されるレーシングカー「ホンダ・シビックWTCC」の展示も行われている。

(webCG)

→「ホンダ・シビック タイプRコンセプト」の詳細な写真はこちら

■ホンダ・シビック タイプRコンセプト


 

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る