トヨタが新しい低燃費エンジンを開発

2014.04.14 自動車ニュース
新型1.3リッターガソリンエンジン。
新型1.3リッターガソリンエンジン。

トヨタが新しい低燃費エンジンを開発

トヨタ自動車は2014年4月11日、ハイブリッド専用エンジンの開発で培った燃焼改良と損失低減技術を用い、世界トップレベルの高熱効率を実現する低燃費エンジン群を開発したと発表した。まずは、4月にマイナーチェンジする「トヨタ・パッソ」に搭載する。

ダイハツと共同開発した新型1リッターエンジン。
ダイハツと共同開発した新型1リッターエンジン。
従来にない高タンブルを実現し、燃焼を改良した。
従来にない高タンブルを実現し、燃焼を改良した。
高圧縮比化するとノッキング対策が必要になる。1.3リッターでは4-2-1の排気管を用い、掃気効率を高めることでノッキングを回避した。
高圧縮比化するとノッキング対策が必要になる。1.3リッターでは4-2-1の排気管を用い、掃気効率を高めることでノッキングを回避した。
トヨタは2013年、ユニット関係の開発効率を高めるために「ユニットセンター」と呼ばれるビジネスユニットを立ち上げ、「パワートレーン共同開発棟」(写真)を完成させた。今回のエンジン群は、ここが手掛けた最初の製品となる。
トヨタは2013年、ユニット関係の開発効率を高めるために「ユニットセンター」と呼ばれるビジネスユニットを立ち上げ、「パワートレーン共同開発棟」(写真)を完成させた。今回のエンジン群は、ここが手掛けた最初の製品となる。

■まずは1.3リッターと1リッターのガソリンエンジンから

トヨタが開発・改良を進める高熱効率・低燃費エンジン群は、従来型比で10%以上の燃費向上を目指す。2015年までに全世界で合計14機種のエンジンを順次導入し、販売台数の約30%がこのエンジンになる予定。14機種にはガソリンの自然吸気エンジンのほか、同過給エンジン、ディーゼルエンジン、そしてハイブリッド専用エンジンが含まれている。

まず登場するのは1.3リッターガソリンエンジンと、ダイハツと共同開発した1リッターガソリンエンジン(いずれもポート噴射式)。両エンジンともハイブリッド専用エンジンに用いられているアトキンソンサイクルを採用しており、1.3リッターでは高圧縮比化(13.5)することで膨張比を上げ、排熱を抑制した。また、シリンダー内に強いタンブル流(縦回転の混合気の流れ)を生成する新形状の吸気ポートによって燃焼効率を高め、さらにクールドEGR(排出ガス再循環システム)や電動連続可変バルブタイミング機構(VVT-iE)などにより、燃焼改善と損失低減を追求することで38%という最大熱効率を達成。アイドリングストップ機能などとあいまって、従来型比約15%の燃費向上を実現したという。

1リッターエンジンでもタンブル流を生成する新形状の吸気ポート、クールドEGR、高圧縮比化(11.5)などによって37%の最大熱効率を達成し、従来型比で最大約30%の燃費向上を実現した。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。