「フェラーリ・カリフォルニアT」国内初披露

2014.04.17 自動車ニュース

「フェラーリ・カリフォルニアT」


	「フェラーリ・カリフォルニアT」

「フェラーリ・カリフォルニアT」国内初披露

フェラーリ・ジャパンは2014年4月17日、新型のオープンスポーツカー「フェラーリ・カリフォルニアT(ティー)」を日本国内で初めて披露するとともに、その価格を発表した。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4570×1910×1322mmで、ホイールベースは2670mm。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4570×1910×1322mmで、ホイールベースは2670mm。
「ターボラグをほぼゼロにした」とうたわれる、3.9リッターV8ターボエンジン。
「ターボラグをほぼゼロにした」とうたわれる、3.9リッターV8ターボエンジン。
インテリアの様子。トランスミッションは、パドルシフト付きの7段ATのみとなる。
インテリアの様子。トランスミッションは、パドルシフト付きの7段ATのみとなる。

アルミホイールの大きさは、標準で19インチ(写真)。オプションで20インチのものも用意される。


	アルミホイールの大きさは、標準で19インチ(写真)。オプションで20インチのものも用意される。
リアビュー。写真はルーフを閉じた状態。
リアビュー。写真はルーフを閉じた状態。

■ターボでトルクは5割増し

フェラーリ・カリフォルニアTは、2014年3月のジュネーブショーでデビューした、リトラクタブルハードトップを備える2+2のオープンカー。既存の「フェラーリ・カリフォルニア」のビッグマイナーチェンジ版であると同時に、その後を継ぐモデルとも言える。

最大のトピックは、エンジンの大幅なパワーアップだ。従来の4.3リッターV8自然吸気エンジン(490ps/7750rpm、51.5kgm/5000rpm)に換えてフロントに収められるのは、最大トルクを約50%も上乗せした新開発の3.9リッターV8ターボ(560ps/7500rpm、77.0kgm/4750rpm)。結果、0-100km/hの加速タイムを3.8秒から3.6秒へと短縮するとともに、316km/hのトップスピードを実現した。高効率なターボの働きにより、出力を向上させながら、燃費は15%改善されている。

ステアリングのギアボックスも新型に変更。さらに、スプリングレートを改め最新バージョンの磁性流体制御ダンパーを組み込むなどした新サスペンションを採用したことで、これまで以上に正確なハンドリングと、快適な乗り心地が得られるという。
「CCM3」と呼ばれるカーボンセラミックブレーキ(フロント:390×34mm、リア:360×32mm)も、新たな装備である。

エクステリアも化粧直しが施され、フロントまわりは4シーターの「フォー」や旗艦「F12ベルリネッタ」などに似たデザインに。リアバンパー下には、新デザインのディフューザー「トリプル・フェンダー・ディフューザー」が組み込まれている。

8%の消費税を含めた価格は、2450万円。受注はジュネーブショーの時点で始まっており、2014年後期には、日本でのデリバリーが始められる見通しだ。

(webCG 関)

→「フェラーリ・カリフォルニアT」発表会の様子や、車両の詳しい写真はこちら

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カリフォルニアTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.9 試乗記 エンジンを自然吸気からターボに改めた新時代のV8フェラーリ、「488」シリーズに「スパイダー」モデルが加わった。空を味方につけたミドシップフェラーリの実力やいかに? 東京を抜け出し、一路箱根のワインディングロードを目指した。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を発表 2016.12.21 自動車ニュース 伊ランボルギーニは2016年12月19日(現地時間)、「アヴェンタドール」の次世代モデルとなる「アヴェンタドールS」を発表した。今回のアヴェンタドールSは、エンジンの強化に加えて、空力にこだわった新デザインや4輪操舵システムなどが採用されている。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
ホームへ戻る