「フェラーリ・カリフォルニアT」国内初披露

2014.04.17 自動車ニュース

「フェラーリ・カリフォルニアT」


	「フェラーリ・カリフォルニアT」

「フェラーリ・カリフォルニアT」国内初披露

フェラーリ・ジャパンは2014年4月17日、新型のオープンスポーツカー「フェラーリ・カリフォルニアT(ティー)」を日本国内で初めて披露するとともに、その価格を発表した。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4570×1910×1322mmで、ホイールベースは2670mm。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4570×1910×1322mmで、ホイールベースは2670mm。
「ターボラグをほぼゼロにした」とうたわれる、3.9リッターV8ターボエンジン。
「ターボラグをほぼゼロにした」とうたわれる、3.9リッターV8ターボエンジン。
インテリアの様子。トランスミッションは、パドルシフト付きの7段ATのみとなる。
インテリアの様子。トランスミッションは、パドルシフト付きの7段ATのみとなる。

アルミホイールの大きさは、標準で19インチ(写真)。オプションで20インチのものも用意される。


	アルミホイールの大きさは、標準で19インチ(写真)。オプションで20インチのものも用意される。
リアビュー。写真はルーフを閉じた状態。
リアビュー。写真はルーフを閉じた状態。

■ターボでトルクは5割増し

フェラーリ・カリフォルニアTは、2014年3月のジュネーブショーでデビューした、リトラクタブルハードトップを備える2+2のオープンカー。既存の「フェラーリ・カリフォルニア」のビッグマイナーチェンジ版であると同時に、その後を継ぐモデルとも言える。

最大のトピックは、エンジンの大幅なパワーアップだ。従来の4.3リッターV8自然吸気エンジン(490ps/7750rpm、51.5kgm/5000rpm)に換えてフロントに収められるのは、最大トルクを約50%も上乗せした新開発の3.9リッターV8ターボ(560ps/7500rpm、77.0kgm/4750rpm)。結果、0-100km/hの加速タイムを3.8秒から3.6秒へと短縮するとともに、316km/hのトップスピードを実現した。高効率なターボの働きにより、出力を向上させながら、燃費は15%改善されている。

ステアリングのギアボックスも新型に変更。さらに、スプリングレートを改め最新バージョンの磁性流体制御ダンパーを組み込むなどした新サスペンションを採用したことで、これまで以上に正確なハンドリングと、快適な乗り心地が得られるという。
「CCM3」と呼ばれるカーボンセラミックブレーキ(フロント:390×34mm、リア:360×32mm)も、新たな装備である。

エクステリアも化粧直しが施され、フロントまわりは4シーターの「フォー」や旗艦「F12ベルリネッタ」などに似たデザインに。リアバンパー下には、新デザインのディフューザー「トリプル・フェンダー・ディフューザー」が組み込まれている。

8%の消費税を含めた価格は、2450万円。受注はジュネーブショーの時点で始まっており、2014年後期には、日本でのデリバリーが始められる見通しだ。

(webCG 関)

→「フェラーリ・カリフォルニアT」発表会の様子や、車両の詳しい写真はこちら

関連記事
  • フェラーリ・カリフォルニアT(FR/7AT)【試乗記】 2015.1.22 試乗記 フェラーリ久々のターボエンジン搭載車、「カリフォルニアT」に試乗。プライベートで「458イタリア」を駆る清水草一が、最新オープンモデルの仕上がりを報告する。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.9 試乗記 エンジンを自然吸気からターボに改めた新時代のV8フェラーリ、「488」シリーズに「スパイダー」モデルが加わった。空を味方につけたミドシップフェラーリの実力やいかに? 東京を抜け出し、一路箱根のワインディングロードを目指した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ・カリフォルニアT(前編) 2016.5.26 mobileCG SUPER GTやD1グランプリで活躍中のレーシングドライバー、谷口信輝が「フェラーリ・カリフォルニアT」に試乗。意外やフェラーリを操るのは今回が初めてという谷口。雨の箱根で560psの跳ね馬の手綱を引いた感想は?
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • フェラーリ812スーパーファスト 2017.5.23 画像・写真 最高出力800psのV12エンジンを搭載する、フェラーリの新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」が日本上陸。東京都内で初披露された。そのディテールを写真で紹介する。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
ホームへ戻る