フェラーリ・カリフォルニアT(FR/7AT)

より速く、より効率的に 2014.06.23 試乗記 今やスーパーカーも“ダウンサイジング”の時代。フェラーリの2+2オープンスポーツカー「カリフォルニア」が、エンジンを4.3リッターV8自然吸気(NA)から3.9リッターV8ターボに改め、より速く、より効率的に進化した。その走りは? イタリア・トスカーナ地方からの第一報。

フェラーリの裾野を広げた

2008年のパリサロンにデビューし、翌09年に販売開始された「カリフォルニア」は、フェラーリにとってさまざまな意味で画期的なモデルだった。パワーユニットは4.3リッターDOHC 32バルブ直噴V8だったが、まずこれがフェラーリの市販車で初の直噴エンジンだった。と同時に、直噴か否かを別にして、V8をフロントに搭載して後輪を駆動するクルマというのも、かつてのレーシングモデルを別にすればフェラーリ初だった。

さらに、そのエンジンと組み合わせられてトランスアクスル配置された通称F1ギアボックスがいわゆるDCT、デュアルクラッチ式2ペダルMTだったのも、フェラーリで最初だった。しかも、その2+2座オープンボディーをカバーするアルミ製可変式ルーフ、RHT(リトラクタブルハードトップ)を採用したのも、フェラーリで初だった。

ここまでは、クルマとしてのハードな部分におけるフェラーリ初だが、実はカリフォルニア、それ以外の分野でも画期的なモデルだった。まずはその販売台数で、09年から今年になって次期モデルにモデルチェンジするまでの間に世界中で1万台以上を販売し、フェラーリにとってのベストセリングモデルになったのだった。

しかもカリフォルニアにはもうひとつ特徴的なポイントがあった。その購買者のおよそ70%にとって、カリフォルニアが最初のフェラーリだったという。つまりカリフォルニアは、自社以外のブランドからの顧客を最も多く獲得したフェラーリでもあった、というわけだ。

2014年3月ジュネーブショーで公開された「カリフォルニアT」。車名の「T」はターボの意。
2014年3月ジュネーブショーで公開された「カリフォルニアT」。車名の「T」はターボの意。
前ホイールアーチから後方に伸びるエアベントのデザインが修正を受けた。またそれに伴い、後ろホイールアーチでキックアップするキャラクターラインも引き直されている。
前ホイールアーチから後方に伸びるエアベントのデザインが修正を受けた。またそれに伴い、後ろホイールアーチでキックアップするキャラクターラインも引き直されている。
バンパー部の黒いガーニッシュが廃され、左右に新たにエアベントが設けられるなど、テールエンドも小さくはない変更を受けている。テールパイプのレイアウトも変わった。
バンパー部の黒いガーニッシュが廃され、左右に新たにエアベントが設けられるなど、テールエンドも小さくはない変更を受けている。テールパイプのレイアウトも変わった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カリフォルニアTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フェラーリ・カリフォルニアT(FR/7AT)【試乗記】 2015.1.22 試乗記 フェラーリ久々のターボエンジン搭載車、「カリフォルニアT」に試乗。プライベートで「458イタリア」を駆る清水草一が、最新オープンモデルの仕上がりを報告する。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.9 試乗記 エンジンを自然吸気からターボに改めた新時代のV8フェラーリ、「488」シリーズに「スパイダー」モデルが加わった。空を味方につけたミドシップフェラーリの実力やいかに? 東京を抜け出し、一路箱根のワインディングロードを目指した。
  • ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を発表 2016.12.21 自動車ニュース 伊ランボルギーニは2016年12月19日(現地時間)、「アヴェンタドール」の次世代モデルとなる「アヴェンタドールS」を発表した。今回のアヴェンタドールSは、エンジンの強化に加えて、空力にこだわった新デザインや4輪操舵システムなどが採用されている。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
ホームへ戻る