第353回:クルマ好き目線で行こう!
紳士モード見本市「ピッティ・イマージネ・ウオモ」

2014.06.27 エッセイ

マセラティのポロウエア

世界最大級の紳士モード見本市、第86回「ピッティ・イマージネ・ウオモ」が、2014年6月17日から20日までの4日間、イタリア・フィレンツェで開催された。
2015年春夏のコレクションを占う今回は、世界約30の国と地域から1030ブランドが参加した。多くのイタリア系ブランドは、ラペル(襟)の粗いステッチ使いなどでサルト(仕立屋)の伝統を感じさせるとともに、流行色のブルーやデニムの多用で機能性の追求をさらに高めていた。
このイベント、昨夏はジュリアン・セルッティとのコラボレーションで、イタルデザイン・ジウジアーロのコンセプトカー「パルクール」が展示されたが、今年もクルマと関連した話題に事欠かなかった。

まずは、町おこしの連動企画として行われたのが「フィレンツェ・ホームタウン・オブ・ファッション」である。イタリアデザイン文化の豊かさを物語る一分野として、この国を代表するカーコレクターのひとり、コッラード・ロプレスト氏によるワンオフのコレクション10台が展示された。場所はなんと、ミケランジェロのダヴィデ像があることで有名なシニョリーア広場だった。

いっぽう本会場で最も話題となった自動車関連といえば、「La Martina(ラ・マルティナ)」とマセラティによるリレーションシップである。ラ・マルティナは1986年設立で、自国アルゼンチンをはじめ数々のポロクラブにおけるウエアのオフィシャルサプライヤーとして有名なブランドだ。
今回発表したのは、マセラティ100周年の今年企画された「センティニアル・ポロ・ツアー」を記念してデザインされたものだ。すでに開催済みのパームビーチ、北京、ロンドン、7月開催のモンテカルロ、そして来年のアラブ首長国連邦、それぞれをイメージしたリミテッドエディションのウエアである。

ちなみに、両社にとって、競技の宣伝効果は上々のようだ。6月に開催されたロンドン戦では、ウィリアムとハリーの両王子が腕前を披露して話題となった。さらに、関係者の話によると、既開催の各地では、マセラティ車のオーダーが毎回3、4台入っているという。

紳士モード見本市「ピッティ・イマージネ・ウオモ」2015年春夏コレクションのメインパビリオンから。「カンタレッリ」のブース。
紳士モード見本市「ピッティ・イマージネ・ウオモ」2015年春夏コレクションのメインパビリオンから。「カンタレッリ」のブース。
会期中に市内シニョリーア広場で催された「イタリアの自動車デザイン」。手前はヴィニャーレによる1953年「ランチア・アウレリア」、奥は、2014年5月のヴィラ・デステ・コンクールで「コッパ・ドーロ」を受賞した、1931年「アルファ・ロメオ6C 1750 GSザガート/アプリーレ」。
会期中に市内シニョリーア広場で催された「イタリアの自動車デザイン」。手前はヴィニャーレによる1953年「ランチア・アウレリア」、奥は、2014年5月のヴィラ・デステ・コンクールで「コッパ・ドーロ」を受賞した、1931年「アルファ・ロメオ6C 1750 GSザガート/アプリーレ」。
「マセラティ・クアトロポルテ」が展示されたのは「ラ・マルティナ」のパビリオン。
「マセラティ・クアトロポルテ」が展示されたのは「ラ・マルティナ」のパビリオン。
マセラティ100周年と「センティニアル・ポロ・ツアー」を記念してリリースした、スペシャルエディションのウエアの前で笑顔をみせるのは「ラ・ルティナ」のランド・シモネッティCEO。
マセラティ100周年と「センティニアル・ポロ・ツアー」を記念してリリースした、スペシャルエディションのウエアの前で笑顔をみせるのは「ラ・ルティナ」のランド・シモネッティCEO。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。