改良型ポルシェ・カイエン発売 新たにPHEV版も

2014.07.25 自動車ニュース
「ポルシェ・カイエンS E-ハイブリッド」
「ポルシェ・カイエンS E-ハイブリッド」

改良型「ポルシェ・カイエン」発売 新たにPHEV版も

ポルシェ ジャパンは2014年7月24日、マイナーチェンジが施された最新型「ポルシェ・カイエン」の予約受注を、同年7月29日に始めると発表した。

「カイエンS E-ハイブリッド」のリアビュー。
「カイエンS E-ハイブリッド」のリアビュー。
「カイエンS E-ハイブリッド」のインテリア。
「カイエンS E-ハイブリッド」のインテリア。
別の角度から見た、「カイエンS E-ハイブリッド」のインテリア。
別の角度から見た、「カイエンS E-ハイブリッド」のインテリア。
「カイエンS」
「カイエンS」
「カイエンS」のサイドビュー。
「カイエンS」のサイドビュー。
「カイエンターボ」
「カイエンターボ」

日本では2010年にデビューした、第2世代の「ポルシェ・カイエン」。それから4年の時を経て、マイナーチェンジ版の販売がスタートする。

まずラインナップされるのは、スポーティーモデルの「カイエンS」と、ハイブリッドモデルに代えて投入されるプラグインハイブリッドモデル「カイエンS E-ハイブリッド」、ハイパフォーマンスモデル「カイエンターボ」の3種類。これまで扱われていたベーシックな「カイエン」と「カイエンGTS」、トップモデルの「カイエンターボS」はカタログに名を連ねない。

従来型と異なるのは、車体前後のデザインだ。エンジンフードやフェンダー部を含むフロントまわりの意匠、さらにリアコンビランプやマフラーエンドの形状が改められる。中でもカイエンターボには、「ポルシェ・ダイナミック・ライトシステム(PDLS)」付きのLEDメインヘッドライトが与えられる。
インテリアは、ハイブリッドスポーツ「918スパイダー」をほうふつとさせるパドルシフト付きマルチファンクションスポーツステアリングホイールがポイント。オプションでシートベンチレーションも用意される。

マイナーチェンジの目玉となるのは、パワートレインのリファインである。
カイエンSには、これまでの4.8リッターV8(400ps、51.0kgm)に代えて、出力・トルクともに勝る、新開発の3.6リッターV6ツインターボエンジン(420ps、56.1kgm)が搭載される。0-100km/hの加速タイムは、従来型を0.4秒しのぐ5.5秒(オプションのスポーツクロノパッケージを装着した場合は5.4秒)。最高速度は1km/hアップの259km/hと公表される。その上で、燃費(NEDC値)は10.2~10.5km/リッターと、従来モデルより約1km/リッターの向上を実現した。

より環境性能にクローズアップしたカイエンS E-ハイブリッドは、カイエンシリーズ初となるプラグインハイブリッド車で、これまでのカイエンSハイブリッドから、大幅な進歩を遂げたという。
駆動用モーターは、カイエンSハイブリッド(47ps)の2倍となる95psを発生。333psの3リッターV6スーパーチャージドエンジンとのコンビネーションで、システム総出力416ps、総トルク60.2kgmを発生する。0-100km/h加速に要する時間は5.9秒で、最高速度は243km/h。「スポーツカーの名に恥じない走行性能」を豪語する。
肝心の燃費(NEDC値)は、29.4km/リッター。この点でも、カイエンSハイブリッド(12.2km/リッター)のパフォーマンスを大幅に上回る。18~36kmのEV走行も可能だ。

最も強力な動力性能を有するカイエンターボのエンジンは、520psと76.5kgmを発生する4.8リッターV8ツインターボ。排気量はこれまでと同じだが、出力・トルクともに従来型(500ps、71.4kgm)からさらにアップ。こちらの0-100km/hの加速タイムは最高4.5秒。トップスピードは279km/hとされる。

最新型カイエンのラインナップと価格は、以下の通り。デリバリーの開始時期は、現時点で未定とのこと。
・カイエンS(4WD/8AT):1128万円
・カイエンS E-ハイブリッド(4WD/8AT):1155万円
・カイエンターボ(4WD/8AT):1720万円

(webCG)

関連記事
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • ポルシェ・カイエンS E-ハイブリッド(4WD/8AT)【海外試乗記】 2014.11.11 試乗記 マイナーチェンジを機に、ハイブリッドモデルから“プラグイン”ハイブリッドモデルへと進化した、「ポルシェ・カイエン」の環境型モデル。その仕上がりやいかに? ドイツ本国で試乗した。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • 第18回:「ベンテイガ」の販売が絶好調!
    インポーターに聞きました~ベントレー編~
    2017.5.9 JAIA輸入車試乗会2017 2016年に発売したブランド初のSUV「ベンテイガ」の販売状況が絶好調なベントレー。2017年も大きな動きはあるのか!? 取材当日はJAIA試乗会会場に不在とのことで、後日、都内で行われた別のイベントに押しかけてお話を伺いました。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • 第42回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?
    2017.5.23 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第42回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?」。ディーゼルの頂点に君臨するメルセデス・ベンツのフラッグシップは果たして“買い”か?
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
ホームへ戻る