メルセデス・ベンツGLA250 4MATICスポーツ(4WD/7AT)

「高さ」以上の価値がある 2014.08.19 試乗記 メルセデス・ベンツが放つ、SUVのニューモデル「GLAクラス」に試乗。その走りは、ほかのクルマとどう違う? 乗り心地や燃費はどうなのか? スポーティーグレード「GLA250 4MATICスポーツ」で確かめた。

“今までの”と違う

CMキャラクターにスーパーマリオを起用したのがメルセデス・ベンツGLAだ。
しかも、テレビコマーシャルに登場するのは、まさかの実写版。こんなデッカいスーパーマリオはないだろ!? というツッコミが聞こえてきそうだが、日本市場専用コマーシャルとはいえ、お堅いメルセデスがよくやったなと思う。オンラインのスペシャルサイトでは、なつかしい映像と音を楽しみながら車両解説が見られる。

CMは商品のターゲット層を表す。GLAはソフトの端子をフーッと吹いたスーファミ世代ってことだ。しかも、この広告戦略でうまくできているのは、子どもと競ってゲームをやった親の世代も取り込めることである。

自慢するわけじゃないが、『スーパーマリオワールド』をわが家で初めて“全クリ”したのは、当時すでに二児の父親だったワタシである。ピーチ姫を救い出し、花火が上がったときは、思わず立ち上がって快哉(かいさい)を叫んだ。子どもが見ていなかったら、泣いてた。その前のクッパ城でそうとう苦労したので。

そんなおじさんにも秋波を送るGLAは、Aクラスと車台を共有するコンパクトSUVである。パッと見のイメージはリフトアップしたAクラスだが、よく見るとボディー外板は新しい。
ふくらみの強いボンネットには2本のプレスラインが入り、リアにはディフューザーふうのアンダーガードが付き、フェンダーアーチも大きい。全高がAクラスより約8cm高いこともあって、ひとことで言うと“押し出し”に勝る。スタイリングのうたい文句は「クリボーも息をのむ究極のダイナミズム」である。

2014年5月に日本上陸を果たした「メルセデス・ベンツGLAクラス」は、同ブランドの中で最もコンパクトなSUVモデル。プラットフォームは、「Aクラス」や「Bクラス」「CLAクラス」と同じものが用いられる。
2014年5月に日本上陸を果たした「メルセデス・ベンツGLAクラス」は、同ブランドの中で最もコンパクトなSUVモデル。プラットフォームは、「Aクラス」や「Bクラス」「CLAクラス」と同じものが用いられる。
ヘッドレスト一体型のシートは、標準ではレザーとアルカンターラのコンビタイプ。オプションを装着したテスト車では、本革仕様となっている。
ヘッドレスト一体型のシートは、標準ではレザーとアルカンターラのコンビタイプ。オプションを装着したテスト車では、本革仕様となっている。
基本的な造形を「Aクラス」と同じくするインテリア。「GLAクラス」のハンドル位置は、モデル/グレードに関わらず右のみとなっている。
基本的な造形を「Aクラス」と同じくするインテリア。「GLAクラス」のハンドル位置は、モデル/グレードに関わらず右のみとなっている。
フロントのコンビランプ。LEDのウインカーやポジショニングランプが備わる。
フロントのコンビランプ。LEDのウインカーやポジショニングランプが備わる。

「GLA250 4MATICスポーツ」には、標準車「GLA250 4MATIC」と異なるデザインのバンパーやサイドスカートなどが与えられる。車高も約10mm低くなる。


    「GLA250 4MATICスポーツ」には、標準車「GLA250 4MATIC」と異なるデザインのバンパーやサイドスカートなどが与えられる。車高も約10mm低くなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GLAの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る