メルセデス・ベンツGLA250 4MATICスポーツ(4WD/7AT)

「高さ」以上の価値がある 2014.08.19 試乗記 メルセデス・ベンツが放つ、SUVのニューモデル「GLAクラス」に試乗。その走りは、ほかのクルマとどう違う? 乗り心地や燃費はどうなのか? スポーティーグレード「GLA250 4MATICスポーツ」で確かめた。

“今までの”と違う

CMキャラクターにスーパーマリオを起用したのがメルセデス・ベンツGLAだ。
しかも、テレビコマーシャルに登場するのは、まさかの実写版。こんなデッカいスーパーマリオはないだろ!? というツッコミが聞こえてきそうだが、日本市場専用コマーシャルとはいえ、お堅いメルセデスがよくやったなと思う。オンラインのスペシャルサイトでは、なつかしい映像と音を楽しみながら車両解説が見られる。

CMは商品のターゲット層を表す。GLAはソフトの端子をフーッと吹いたスーファミ世代ってことだ。しかも、この広告戦略でうまくできているのは、子どもと競ってゲームをやった親の世代も取り込めることである。

自慢するわけじゃないが、『スーパーマリオワールド』をわが家で初めて“全クリ”したのは、当時すでに二児の父親だったワタシである。ピーチ姫を救い出し、花火が上がったときは、思わず立ち上がって快哉(かいさい)を叫んだ。子どもが見ていなかったら、泣いてた。その前のクッパ城でそうとう苦労したので。

そんなおじさんにも秋波を送るGLAは、Aクラスと車台を共有するコンパクトSUVである。パッと見のイメージはリフトアップしたAクラスだが、よく見るとボディー外板は新しい。
ふくらみの強いボンネットには2本のプレスラインが入り、リアにはディフューザーふうのアンダーガードが付き、フェンダーアーチも大きい。全高がAクラスより約8cm高いこともあって、ひとことで言うと“押し出し”に勝る。スタイリングのうたい文句は「クリボーも息をのむ究極のダイナミズム」である。

2014年5月に日本上陸を果たした「メルセデス・ベンツGLAクラス」は、同ブランドの中で最もコンパクトなSUVモデル。プラットフォームは、「Aクラス」や「Bクラス」「CLAクラス」と同じものが用いられる。
2014年5月に日本上陸を果たした「メルセデス・ベンツGLAクラス」は、同ブランドの中で最もコンパクトなSUVモデル。プラットフォームは、「Aクラス」や「Bクラス」「CLAクラス」と同じものが用いられる。
ヘッドレスト一体型のシートは、標準ではレザーとアルカンターラのコンビタイプ。オプションを装着したテスト車では、本革仕様となっている。
ヘッドレスト一体型のシートは、標準ではレザーとアルカンターラのコンビタイプ。オプションを装着したテスト車では、本革仕様となっている。
基本的な造形を「Aクラス」と同じくするインテリア。「GLAクラス」のハンドル位置は、モデル/グレードに関わらず右のみとなっている。
基本的な造形を「Aクラス」と同じくするインテリア。「GLAクラス」のハンドル位置は、モデル/グレードに関わらず右のみとなっている。
フロントのコンビランプ。LEDのウインカーやポジショニングランプが備わる。
フロントのコンビランプ。LEDのウインカーやポジショニングランプが備わる。

「GLA250 4MATICスポーツ」には、標準車「GLA250 4MATIC」と異なるデザインのバンパーやサイドスカートなどが与えられる。車高も約10mm低くなる。


    「GLA250 4MATICスポーツ」には、標準車「GLA250 4MATIC」と異なるデザインのバンパーやサイドスカートなどが与えられる。車高も約10mm低くなる。
関連記事
  • メルセデス・ベンツGLA250 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2014.8.19 試乗記 メルセデス・ベンツが放つ、SUVのニューモデル「GLAクラス」に試乗。その走りは、ほかのクルマとどう違う? 乗り心地や燃費はどうなのか? スポーティーグレード「GLA250 4MATICスポーツ」で確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLA250 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2014.6.20 試乗記 メルセデス・ベンツが手掛けるコンパクトSUV「GLAクラス」が上陸。その走りは、既存のモデルとどう違う? 一般道とオフロードコースで、実力を確かめた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
ホームへ戻る