メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)

間違いのない選択 2014.08.07 試乗記 1982年デビューの「190」以来の歴史を持つコンパクトメルセデス「Cクラス」が4代目へとモデルチェンジ。その実力を確かめた。

滑らかな出足に感じる隔世の進化

スルルルル~ンと滑らかな発進を体験しながら思い出したのは、12年ぐらい前のこと。当時の「メルセデス・ベンツCクラス」のはこんなじゃなかった。トルコンの滑りが極小な感じでギュルンと……はいいとして、そのすぐあとあたりにアクセルペダルの踏み込みを戻すとGの変化がけっこう明確に出た。で、「2速発進に戻してほしいなあ」と。

それがいまはスルルルル~ン。電子制御スロットルの適合の妙であろうけれど、とにかくラク。それと、トルコンAT感すごくあり。いい意味で。車速と変速プログラムとアクセル操作の関係によってはドンというショックとともに変速してしまうことが低速域においてなくはないけれど、ま、この程度なら別に。だったら書かなくてもいいか。すいません。

2014年1月のデトロイトショーに合わせて世界初公開され、日本では同年7月に発売された新型「メルセデス・ベンツCクラス」。Cクラスという名称になってから4代目にあたる。
2014年1月のデトロイトショーに合わせて世界初公開され、日本では同年7月に発売された新型「メルセデス・ベンツCクラス」。Cクラスという名称になってから4代目にあたる。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4715×1810×1430mmと、従来モデルより一回り拡大。ホイールベースは80mmも長い2840mmとなった。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4715×1810×1430mmと、従来モデルより一回り拡大。ホイールベースは80mmも長い2840mmとなった。
丸いエアコン吹き出し口など、インテリアのデザインは「Aクラス」や「CLAクラス」の流れをくむものとなった。シフトセレクターの位置は、センターコンソールからステアリングコラムに変更されている。
丸いエアコン吹き出し口など、インテリアのデザインは「Aクラス」や「CLAクラス」の流れをくむものとなった。シフトセレクターの位置は、センターコンソールからステアリングコラムに変更されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
ホームへ戻る