BMW 225iアクティブツアラー(FF/8AT)

遅れてきた本命 2014.08.14 試乗記 BMWがプレミアムコンパクト市場に投入するニューモデル「2シリーズ アクティブツアラー」の国際試乗会が、オーストリアのリゾート地、ゼルデンを中心に開催された。「BMWがつくったFF(前輪駆動)車」の注目の走りと、そこから広がる同社の戦略をリポートする。

標高2174mでのプレゼンテーション

BMWが今回のテストドライブ用に設定したコースのうち、最も距離の長いインスブルック空港からゼルデンまでの約200kmをドライブする。空港近くに設けられた試乗会場には、真新しい2シリーズ アクティブツアラーが20台近く用意されていた。日本から向かったジャーナリストやメディア関係者は12人。往路ではほぼ全員が、日本にも導入されるであろう本命の「225i」に乗り込んだ。

今回の試乗会は、前述したゼルデンと空港の往復が基本ルートである。往路で到着した日の夕方には、ロープウェイで標高2174m地点の乗換駅に向かい、そこに特設された会場でプレゼンテーションが行われた。さらにプレゼンがスタートすると、先ほどのロープウェイに載せられて、ステージに2シリーズ アクティブツアラーが登場。この演出には度肝を抜かれた。

なぜこんなことをわざわざ書いたかというと、この地が試乗会場に選ばれたことからも、BMWの新しいファミリーである2シリーズ アクティブツアラーの世界観と、同社のこのクルマにかける意気込みがひしひしと伝わってきたからだ。

この時期、イタリアとの国境近くに位置する巨大リゾート地のゼルデンは、アウトドアレジャーやアクティビティーを楽しむ観光客でにぎわう。プレゼンテーションで語られた「コンパクトでも室内が広いクルマがほしいと思っている新しいファミリー層には、このクルマがピッタリくる」という話からもわかる通り、この新しいBMWのターゲットは、すなわち彼らなのだ。

3代目「MINI」のプラットフォームをベースに開発された「BMW 2シリーズ アクティブツアラー」。BMWブランドからリリースされる初のFF車となる。
3代目「MINI」のプラットフォームをベースに開発された「BMW 2シリーズ アクティブツアラー」。BMWブランドからリリースされる初のFF車となる。
プレゼンテーション会場にて、ロープウェイに運ばれてステージに姿を現す「2シリーズ アクティブツアラー」。
プレゼンテーション会場にて、ロープウェイに運ばれてステージに姿を現す「2シリーズ アクティブツアラー」。
 
BMW 225iアクティブツアラー(FF/8AT)【海外試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

2シリーズ アクティブツアラーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る