メルセデス・ベンツC180アバンギャルド(FR/7AT)

新時代の「小さな高級車」 2014.09.30 試乗記 「アジリティ&インテリジェンス」をコンセプトにフルモデルチェンジした「メルセデス・ベンツCクラス」。Dセグメントのベンチマークはどのような進化を遂げたのか。

「Sクラス」をぎゅっと凝縮

先日、マイナーチェンジを受けた「フォルクスワーゲン・ポロ」を試乗して、これは亀戸餃子だ! と直感した。「直感した」なんて書くと何かすごい発見のようですが、そんなに大げさなことじゃないですね。「これは亀戸餃子だ! と思った」に訂正します。
亀戸餃子とは東京の下町、亀戸に本店があるギョーザ屋さんで、食べ物のメニューはギョーザのみ。席に座ると黙って2皿がテーブルに置かれ、おなかの案配に応じて1皿ずつ追加する。つまり1000円支払おうが1万円を支払おうが、「味」は変わらない。変わるのは「量」だけだ。
ポロも同じだ。兄貴分にあたる「ゴルフ」と比べても、基本的な「味」は変わらない。変わるのは「サイズ」だけだ。

で、メルセデス・ベンツの新型「Cクラス」も、やはり亀戸餃子だった。見た目も中身も陸の王者「Sクラス」をぎゅっと凝縮。「クルマは大きいほど高くてエラい」というヒエラルキーをブチ壊した。
大きいサイズが必要な人やゆったり乗るのが好きな人は、少し余分にお金を支払って「Eクラス」やSクラスを買う。小さいほうが好都合な人はCクラスを賢く選ぶ。ポロやCクラスの登場は、自動車産業におけるちょっとしたターニングポイントだ。

ただし、メルセデス・ベンツCクラスに関しては、ひとつ確認しておきたいことがあった。初めて乗ったC200アバンギャルドのAMGラインには、このセグメント(つまり「BMW 3シリーズ」や「アウディA4」「レクサスIS」など)で初となるエアサスペンションが備わっていたことだ。
フンワリしなやかから、ビシッとスポーティーまで、臨機応変に性格を変えるエアサスのおかげでラグジュアリーな乗り味が成立しているのではないか。普通の金属バネ仕様でも、「Cクラス=亀戸餃子」は成立するのだろうか。

それを確認するために、エアサスではなく普通の金属バネの「メルセデス・ベンツC180アバンギャルド」を連れ出した。復習しておくと、「C180」とは1.6リッター直噴ターボエンジンを搭載し、アバンギャルド仕様はノーマルのC180より10mm車高が低められている。
金属バネには、メルセデス・ベンツが「セレクティブ・ダンピングシステム」と呼ぶ仕組みを備えたダンパーを組み合わせる。この油圧式ダンパーは、走行状況に応じてオイルの流量を機械的に変えて減衰力を調整する、可変式ダンパーだ。滑らかな路面では油圧抵抗を下げてしなやかに動き、ハードコーナリングなどで大きな入力を受けるとビシッと引き締まる。

新型「Cクラス」のボディーサイズは従来型より一回り大きくなったものの、外板パネルにアルミを多く採用することで、軽量化が図られている。
新型「Cクラス」のボディーサイズは従来型より一回り大きくなったものの、外板パネルにアルミを多く採用することで、軽量化が図られている。
「C180アバンギャルド」のセンターパネルは、ピアノラッカー調が標準となる。
「C180アバンギャルド」のセンターパネルは、ピアノラッカー調が標準となる。
テスト車にはオプションのレザーエクスクルーシブパッケージ(71万円)が選択されていた。
テスト車にはオプションのレザーエクスクルーシブパッケージ(71万円)が選択されていた。
後席は40:20:40の分割可倒式となる。
後席は40:20:40の分割可倒式となる。

メルセデス・ベンツC180アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る