「水野和敏的視点」 vol.71「アウディS3セダン」

2014.10.17 mobileCG
 
「水野和敏的視点」 vol.71「アウディS3セダン」の画像

「水野和敏的視点」 vol.71 「アウディS3セダン」

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が本音でクルマを語り尽くす「水野和敏的視点」。今回の主役は「アウディS3セダン」である。巨大なリアスポイラーもなければ、エンジンのパワーだって飛び抜けて強力とはいえないS3セダンだが、ミスターGT-Rをして「傑作作品の域に達している」と言わしめた。その理由を、順を追って説明していこう。

 
「水野和敏的視点」 vol.71「アウディS3セダン」の画像
 
「水野和敏的視点」 vol.71「アウディS3セダン」の画像
 
「水野和敏的視点」 vol.71「アウディS3セダン」の画像
アウディS3セダン
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4470×1795×1380mm/ホイールベース:2630mm/車重:1520kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6AT/最高出力:285ps/5300-6200rpm/最大トルク:38.8kgm/1800-5200rpm/タイヤ:(前)225/40R18 (後)225/40R18/車両本体価格:585万円
 
アウディS3セダン
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4470×1795×1380mm/ホイールベース:2630mm/車重:1520kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6AT/最高出力:285ps/5300-6200rpm/最大トルク:38.8kgm/1800-5200rpm/タイヤ:(前)225/40R18 (後)225/40R18/車両本体価格:585万円
	 

■アウディは真剣に考えている

前々回の「ボルボS60ポールスター」、前回の「スバルWRX STI」に続き、今回もパワフルなエンジンを搭載するスポーティーな4WDセダンを取り上げます。実は次回もハイパワーな4WDセダンに乗る予定ですが、どのクルマかはナイショ! 楽しみにしていてください。

それはともかく、今回の主役は「アウディS3セダン」。2014年の初頭に「A3セダン」と同時に日本への輸入が始まった、スポーティーな3ボックス車です。

S3セダンのベースとなるA3セダンには、1.4リッターターボとその気筒休止機能付き、および1.8リッターターボの計3モデルが用意され、駆動方式は1.4リッターがFF、1.8リッターが4WDとなります。それに対して、S3セダンは2リッターターボエンジン(285ps、38.8kgm)に4WDという組み合わせのみ。価格は585万円です。

それでは早速、運転席に着いてみましょう。A3セダンに試乗したとき(当連載の第55回と56回。「フォルクスワーゲン・ゴルフ」と比較しました)にも言及しましたが、やはりアウディ車の内装は、プレミアムブランドの中でも群を抜いて上質です。マット(つや消し)の黒をメインとして、しっとりまとめられています。エアコン吹き出し口などのシルバーの加飾(かしょく)も、シンプルですが、蒸着メッキのテカリをうまく抑えています。

液晶ディスプレイがダッシュボードの上面に埋め込まれ、自動で出てくる仕組みもいい。この方式を久しぶりに見て、私がかつて「V35スカイライン」に採用したことを思い出し、とても懐かしい気持ちになりました。メルセデス・ベンツがディスプレイを、「Aクラス」はおろか「Cクラス」でも違和感や後付け感を持たれかねない取り付け方をして、メルセデスに長く親しんできたオーナーの一部をガッカリさせているのとは対照的です。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.3.5 試乗記 満を持して日本に導入された新型「アウディA4」。252psの高出力エンジンと、アウディ自慢のフルタイム4WDシステム「クワトロ」を搭載した上級グレード「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗し、従来モデルからの進化のほどと、走りの実力を確かめた。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • 谷口信輝の新車試乗――アウディS5クーペ(後編) 2017.8.17 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き新型「アウディS5クーペ」に試乗する。クーペにとって大事なのは走りか、それともスタイリングか? 谷口が自身のクーペ論を展開する!
ホームへ戻る