トヨタ・アクアのクロスオーバー仕様が登場

2014.12.08 自動車ニュース
「アクアX-URBAN」オプション装着車。ボディーカラーはフレッシュグリーンマイカメタリック×ブロンズマイカメタリック。
「アクアX-URBAN」オプション装着車。ボディーカラーはフレッシュグリーンマイカメタリック×ブロンズマイカメタリック。

「トヨタ・アクア」のクロスオーバー仕様「X-URBAN」が登場

トヨタ自動車は2014年12月8日、「アクア」にクロスオーバースタイルの新グレード「X-URBAN(エックス・アーバン)」を設定し、同日発売した。(より詳しい写真はこちら)

「アクアX-URBAN」オプション装着車。ボディーカラーはライムホワイトパールクリスタルシャイン×ブルーマイカメタリック。
「アクアX-URBAN」オプション装着車。ボディーカラーはライムホワイトパールクリスタルシャイン×ブルーマイカメタリック。
「アクアX-URBAN」(オプション装着車)のインテリア(アクセント:オレンジ)。
「アクアX-URBAN」(オプション装着車)のインテリア(アクセント:オレンジ)。

■最低地上高を20mmアップ

車両のコンセプトは「都会的なセンスのクロスオーバー」。専用サスペンションを採用して、最低地上高を160mm(標準車+20mm)とした。また、専用のフロントグリルやサイドマッドガード、ルーフモールなどの外装部品や、16インチ専用アルミホイールを採用して、クロスオーバー車らしいアクティブなイメージを表現した。外板色11色と専用パーツカラーを組み合わせ、33通りのカラーバリエーションが用意される。

インテリアはブラックを基調とし、合成皮革とファブリックを組み合わせた専用のシート表皮やオーナメントパネルを採用。さらに、「アクセント:シルバー」と「アクセント:オレンジ」という2色の内装色を設定し、スタイリッシュな雰囲気を演出した。

ボディーサイズは全長4030×全幅1695×全高1490mm。標準車と同様に1.5リッター直4エンジン(74ps)とモーター(61ps)を組み合わせたハイブリッドシステムを搭載し、駆動方式はFFとなる。JC08モード燃費は33.8km/リッター。価格は204万6109円。

(webCG)

→「トヨタ・アクアX-URBAN」のより詳しい写真はこちら。

関連キーワード:
アクアトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー 2017.6.23 画像・写真 モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • トヨタGRシリーズ試乗会(後編)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 トヨタが新たに展開するコンプリートカー「GR」シリーズにサーキットで試乗。前編に続いては、ミニバンからセダン、SUVに至るまで、多くの車種で展開されるスポーツモデル“GRスポーツ”の走りを、モデルごとに報告する。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
ホームへ戻る