トヨタ・アクアのクロスオーバー仕様が登場

2014.12.08 自動車ニュース
「アクアX-URBAN」オプション装着車。ボディーカラーはフレッシュグリーンマイカメタリック×ブロンズマイカメタリック。
「アクアX-URBAN」オプション装着車。ボディーカラーはフレッシュグリーンマイカメタリック×ブロンズマイカメタリック。

「トヨタ・アクア」のクロスオーバー仕様「X-URBAN」が登場

トヨタ自動車は2014年12月8日、「アクア」にクロスオーバースタイルの新グレード「X-URBAN(エックス・アーバン)」を設定し、同日発売した。(より詳しい写真はこちら)

「アクアX-URBAN」オプション装着車。ボディーカラーはライムホワイトパールクリスタルシャイン×ブルーマイカメタリック。
「アクアX-URBAN」オプション装着車。ボディーカラーはライムホワイトパールクリスタルシャイン×ブルーマイカメタリック。
「アクアX-URBAN」(オプション装着車)のインテリア(アクセント:オレンジ)。
「アクアX-URBAN」(オプション装着車)のインテリア(アクセント:オレンジ)。

■最低地上高を20mmアップ

車両のコンセプトは「都会的なセンスのクロスオーバー」。専用サスペンションを採用して、最低地上高を160mm(標準車+20mm)とした。また、専用のフロントグリルやサイドマッドガード、ルーフモールなどの外装部品や、16インチ専用アルミホイールを採用して、クロスオーバー車らしいアクティブなイメージを表現した。外板色11色と専用パーツカラーを組み合わせ、33通りのカラーバリエーションが用意される。

インテリアはブラックを基調とし、合成皮革とファブリックを組み合わせた専用のシート表皮やオーナメントパネルを採用。さらに、「アクセント:シルバー」と「アクセント:オレンジ」という2色の内装色を設定し、スタイリッシュな雰囲気を演出した。

ボディーサイズは全長4030×全幅1695×全高1490mm。標準車と同様に1.5リッター直4エンジン(74ps)とモーター(61ps)を組み合わせたハイブリッドシステムを搭載し、駆動方式はFFとなる。JC08モード燃費は33.8km/リッター。価格は204万6109円。

(webCG)

→「トヨタ・アクアX-URBAN」のより詳しい写真はこちら。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アクアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・アクアX-URBAN(FF/CVT)【試乗記】 2015.1.26 試乗記 コンパクトSUVブームに乗り遅れまいと、トヨタが送り出した「アクアX-URBAN(エックス・アーバン)」。たくましいスタイリングを気軽に楽しめるクロスオーバーモデルの魅力と課題とは?
  • 後編:燃費自慢の“走り”を検証! ~エコな軽とコンパクト、その実像に迫る 2015.9.18 特集 先進的な環境技術が続々と開発され、クルマの燃費性能は日々進化。日本の軽自動車やコンパクトカーには、30km/リッターを超える燃費性能を有するものも少なくない。では、そうしたモデルの走りや乗り心地は、どうなのだろうか? 今回は“燃費自慢”の3台に試乗し、クルマとしての基本性能を確かめた。
  • トヨタ・アクアG“G’s”(FF/CVT)【試乗記】 2015.2.20 試乗記 ベストセラーのハイブリッドコンパクトカーをベースに、トヨタ自らスポーティーな味付けを施した「アクア“G’s”」。その走りの実力を試した。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
ホームへ戻る