トヨタ・アクアのクロスオーバー仕様が登場

2014.12.08 自動車ニュース
「アクアX-URBAN」オプション装着車。ボディーカラーはフレッシュグリーンマイカメタリック×ブロンズマイカメタリック。
「アクアX-URBAN」オプション装着車。ボディーカラーはフレッシュグリーンマイカメタリック×ブロンズマイカメタリック。

「トヨタ・アクア」のクロスオーバー仕様「X-URBAN」が登場

トヨタ自動車は2014年12月8日、「アクア」にクロスオーバースタイルの新グレード「X-URBAN(エックス・アーバン)」を設定し、同日発売した。(より詳しい写真はこちら)

「アクアX-URBAN」オプション装着車。ボディーカラーはライムホワイトパールクリスタルシャイン×ブルーマイカメタリック。
「アクアX-URBAN」オプション装着車。ボディーカラーはライムホワイトパールクリスタルシャイン×ブルーマイカメタリック。
「アクアX-URBAN」(オプション装着車)のインテリア(アクセント:オレンジ)。
「アクアX-URBAN」(オプション装着車)のインテリア(アクセント:オレンジ)。

■最低地上高を20mmアップ

車両のコンセプトは「都会的なセンスのクロスオーバー」。専用サスペンションを採用して、最低地上高を160mm(標準車+20mm)とした。また、専用のフロントグリルやサイドマッドガード、ルーフモールなどの外装部品や、16インチ専用アルミホイールを採用して、クロスオーバー車らしいアクティブなイメージを表現した。外板色11色と専用パーツカラーを組み合わせ、33通りのカラーバリエーションが用意される。

インテリアはブラックを基調とし、合成皮革とファブリックを組み合わせた専用のシート表皮やオーナメントパネルを採用。さらに、「アクセント:シルバー」と「アクセント:オレンジ」という2色の内装色を設定し、スタイリッシュな雰囲気を演出した。

ボディーサイズは全長4030×全幅1695×全高1490mm。標準車と同様に1.5リッター直4エンジン(74ps)とモーター(61ps)を組み合わせたハイブリッドシステムを搭載し、駆動方式はFFとなる。JC08モード燃費は33.8km/リッター。価格は204万6109円。

(webCG)

→「トヨタ・アクアX-URBAN」のより詳しい写真はこちら。

関連キーワード:
アクアトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
  • トヨタ、「アクア」をマイナーチェンジ 燃費はリッター38kmに 2017.6.19 自動車ニュース トヨタがハイブリッドシステムを搭載したコンパクトカー「アクア」をマイナーチェンジ。内外装のデザインを変更するとともに、パワープラントの改良によりJC08モード計測で38.0km/リッターという燃費性能を実現した。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.1.25 試乗記 スズキの新型車「クロスビー」がデビュー。ワゴンとSUVのクロスオーバーとうたわれるニューモデルとはいえ、第一印象はどう見てもデカい「ハスラー」だが……。試乗を通じて見えてきた“兄貴”ならではの魅力を報告する。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • 「トヨタ・アクア」にスタイリッシュな特別仕様車 2017.11.14 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年11月14日、ハイブリッド車「アクア」に特別仕様車「S“スタイルブラック”」を設定し、販売を開始した。「S」グレードをベースに、特別な内外装を装備したほか、衝突回避支援パッケージの「Toyota Safety Sense C」を標準装備として安全性の向上を図っている。
ホームへ戻る