日産ノートNISMO S(FF/5MT)

惹きつけられるものがある 2015.01.13 試乗記 日産の5ドアコンパクトカー「ノート」に、「NISMO」の名を持つスポーツモデルが登場。今となっては珍しい、テンロクエンジンを全開にして走る気持ちよさに、現代の国産車がなくしてしまった「走りの楽しさ」を見た。

今や希少なテンロク+5MT

現行モデルになって省燃費エンジン+CVTという組み合わせのみの、いわゆる“フツーのクルマ”となっていた日産ノートに、いきなりホットモデルが加わった。それが今回紹介する「ノートNISMO」である。これは日産のプレミアムスポーツブランドとなったNISMOシリーズの5番目のモデルに当たり、その先達(せんだつ)には「GT-R」「フェアレディZ」「ジューク」「マーチ」がいる。
ちなみに「S」ではないただの「ノートNISMO」もラインナップされているが、こちらはエンジンが標準車と同じ1.2リッター直列3気筒スーパーチャージャー(98ps)で、トランスミッションもCVT。専用タイヤである「ブリヂストン・ポテンザRE080」の装着に合わせて前後のトンネルステーを増設し、ボディー剛性を高めるなど細かいチューニングがなされてはいるが、走りの楽しさを問うならば、やはり5段MTの「NISMO S」が主役となる。

エンジンはいまどき珍しい1.6リッター自然吸気(NA)の「HR16DE」。これは旧ノートの5段MT車に搭載されたHR16DEと型式こそ同じだが、デュアルインジェクター仕様になるなど新世代エンジンとしての磨きがかけられており、輸出用のノートやジューク、「ティーダ」に搭載されている最新のユニットである。
NISMO Sはさらにそこから吸気システム(エアクリーナーおよびインテークマニフォールド)を専用パーツとして新規に起こし、ピストンおよびカムシャフトまでをも変更するメカチューンを施した。また専用マフラーをおごり、最後はECUでこれらを統合制御。その結果、NAにして140ps/6400rpmという最高出力と、16.6kgm/4800rpmという最大トルクを得ている。

またシャシー面では、専用のサスペンション&スタビライザーと205/45R17にまでサイズアップした「ブリヂストン・ポテンザS007」に合わせて、前述したトンネルステーに加え、前後のサスペンションメンバーステ-、リアクロスバー、リアアンダーフロアVバーを追加した。そして、リアのブレーキもちゃっかりディスク化している。

これらのファインチューンを施したのは、日産の技術集団であるオーテックだ。「NISMOなのにオーテック?」と思うかもしれないが、現状では市販車の開発を担うのがオーテックであり、SUPER GTをはじめとしたモータースポーツ活動を担うのがNISMO。市販車のブランドとしては、レースイメージを重視してのことだろう、「NISMO」で名称を統一しているという具合である。

「NISMO」シリーズの5番目のモデルとして登場した「日産ノートNISMO」。チューニングの度合いが異なる「NISMO」と「NISMO S」の2グレードが用意されている。
「NISMO」シリーズの5番目のモデルとして登場した「日産ノートNISMO」。チューニングの度合いが異なる「NISMO」と「NISMO S」の2グレードが用意されている。
黒を基調に、各所に赤いアクセントを用いたインテリア。ステアリングは本革とアルカンターラのコンビタイプで、赤いセンターマークがあしらわれている。
黒を基調に、各所に赤いアクセントを用いたインテリア。ステアリングは本革とアルカンターラのコンビタイプで、赤いセンターマークがあしらわれている。
「NISMO S」専用の2眼メーター。速度計には260km/hまで目盛りがふられている。
「NISMO S」専用の2眼メーター。速度計には260km/hまで目盛りがふられている。
テスト車には「NISMO S」専用オプションのレカロ製スポーツシートが装備されていた。
テスト車には「NISMO S」専用オプションのレカロ製スポーツシートが装備されていた。
ペダルはアクセル、クラッチ、ブレーキ、フットレストのいずれもがアルミ製で、「nismo」のロゴがあしらわれている。
ペダルはアクセル、クラッチ、ブレーキ、フットレストのいずれもがアルミ製で、「nismo」のロゴがあしらわれている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る