トヨタ、燃料電池関連の特許を無償で提供

2015.01.06 自動車ニュース
燃料電池車の「トヨタ・ミライ」と、米国トヨタ自動車販売(TMS)上級副社長のボブ・カーター氏。
燃料電池車の「トヨタ・ミライ」と、米国トヨタ自動車販売(TMS)上級副社長のボブ・カーター氏。

トヨタ、燃料電池関連の特許を無償で提供

トヨタ自動車は2015年1月6日、米ラスベガスで開催されている「2015 Consumer Electronics Show」において、同社が単独で保有している燃料電池自動車(FCV)に関する特許の実施権を、無償で提供すると発表した。

 

対象となる特許の数は、審査継続中(2015年1月現在)のものも含めて世界で約5680件。実施権提供の具体的な内容については、燃料電池スタック(約1970件)、高圧水素タンク(約290件)、燃料電池システム制御(約3350件)といった燃料電池システム関連の特許について、これらの特許の技術を用いてFCVの製造・販売を行う場合、市場導入初期(2020年末までを想定)の特許実施権を無償とするというものである。

また水素の供給や製造といった水素ステーション関連の特許(約70件)に関しては、水素ステーションの設置、運営を行う場合の特許実施権を、期間を限定することなく無償で提供する。

なお、これらの特許実施に際しては、特許実施権の提供を受ける際の通常の手続きと同じく、トヨタへの申し込みが必要。具体的な実施条件などについて個別に協議し、契約書を締結するとしている。

トヨタは今回の対応について、「FCV導入初期段階においては普及を優先し、開発・市場導入を進める自動車メーカーや水素ステーション整備を進めるエネルギー会社などと協調した取り組みが重要であるとの考えに基づくものである」としている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。