レクサス、超コンパクトモデル「LF-SA」を出展【ジュネーブショー2015】

2015.03.03 自動車ニュース
「レクサスLF-SA」

【ジュネーブショー2015】レクサス、超コンパクトモデル「LF-SA」を出展

トヨタ自動車は2015年3月3日、第85回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2015年3月3日~15日)に出展するコンセプトモデル「レクサスLF-SA」の概要を発表した。

LF-SAは、これまでのレクサスに見られなかった、小さなサイズ(全長×全幅×全高=3450×1700×1430mm)のコンセプトカー。
フランス・ニースに拠点を置くED2(EDスクエア)が企画からモデル製作までを一貫して担当したデザインスタディーモデルで、「2+2シーターの“ウルトラコンパクトクラス”で究極のラグジュアリーを具体化した」とうたわれる。

エクステリアは、大きなスピンドルグリルや矢じり型のポジショニングランプ、L字型のリアコンビランプなどで“LEXUSの記号性”を追求。
一方のインテリアは、次世代のインフォテインメントを視野に入れたホログラムタイプのメーター表示やワイドヘッドアップディスプレイが見どころとなっている。
運転席が固定式であるのも特徴の一つで、ドライバーはステアリングホイールやペダル類を動かすことでドライビングポジションを調整する。なお助手席は、後席への乗降性に配慮し、前後スライド可能になっている。

(webCG)

→「レクサスLF-SA」のフォトギャラリーはこちら
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。