日産からハッチバックタイプのコンセプト登場【ジュネーブショー2015】

2015.03.04 自動車ニュース
「日産スウェイ」
「日産スウェイ」

【ジュネーブショー2015】日産からハッチバックタイプのコンセプトモデルが登場

日産自動車は2015年3月3日、第85回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2015年3月3日~15日)で、コンセプトモデル「スウェイ(Sway)」を発表した。

■巨大なガラスルーフと観音開き式のドアが特徴

スウェイは、クロスオーバー車の「キャシュカイ(日本名:デュアリス)」「ジューク」などで得た発想を取り入れたという、ハッチバックタイプのコンセプトモデルである。

ボディーは全長×全幅×全高=4010×1780×1385mm、ホイールベース=2570mmで、「Vモーション」をモチーフにしたフロントグリルやブーメラン型のヘッドランプなど、各所に最新の日産車に共通するデザインを採用。サイドビューはAピラー以外をブラックアウトした「フローティングルーフ」が特徴で、乗降性を高めるため、ドアは観音開き式となっている。また、フロントウィンドウと一体となったパノラマガラスルーフや、Aピラーと共にルーフを囲むオレンジ色のフレームも外観上の特徴となっている。

一方インテリアでは、コンセプトモデル「IDx」に通じる「グライディングウィング」と呼ばれる横基調のインストゥルメントパネルを採用。シンプルなデザインを実現するため、多くの機能をダッシュボード中央の台形型タブレットに集約している。ステアリングホイールやシートはアルミ製で、シート表皮にはスエード調の生地を採用。アクセントとしてパールのような光沢感のある素材を加えることで、プレミアム感を演出しているという。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。