マツダ・ロードスター 開発者インタビュー

スポーツカーを楽しもう 2015.03.25 試乗記 マツダ
商品本部
主査
山本 修弘(やまもと のぶひろ)さん

より軽く、よりコンパクトに進化した新型「マツダ・ロードスター」。開発のエピソードと、そこに込められた思いを、主査の山本修弘氏に聞いた。

逆境が初心に立ち返らせてくれた

――3代目ロードスター(NC)の発売が2005年8月ですから、およそ10年ぶりのフルモデルチェンジになりますね。長い開発期間に、リーマンショックなどさまざまなことがあったと思うのですが、コンセプトがブレたりはしなかったんですか?

そうですね。確かにリーマンショックのせいで開発期間が延びて、スケジュールが遅れてしまったのは事実ですが、今思えば、それが非常にいい結果をもたらしたんだと思います。ロードスターは本来どうあるべきか、自分たちは何を作りたいのか、もう一度考えるチャンスが与えられたので。

それまではちょっと「イケイケどんどん」な空気があったのですが、「そうじゃなくて本当に欲しいものだけにしよう。不要なものはそぎ落とそう」と、いろいろ見つめなおすことができました。

――それ以前は、コンセプトの異なるクルマだったんですか?

コンセプトは変わっていません。ただ、まわりの意見が多かったんですよ。各リージョンの「ああせい、こうせい」という声が。日本はマツダにとって非常に大事なマーケットなんですけど、ボリュームが小さい。だから「たくさん売れている市場の要求を聞け!」となるわけです。それはごもっともなんですけどね(笑)。

――日本での販売は、世界マーケットの何割ぐらいなんですか?

2割ぐらいじゃないかな(編集部注:累計販売台数で約18%、2014年単年で約5%)。残りは北米と欧州で半々といったところでしょう。

――北米などからは、「もっと大きなクルマにしてくれ」と言われそうですね。

いえ。そうした声はむしろヨーロッパからの方が多かったですね。ドイツでもオランダでも、向こうは体の大きい人が多いですから。彼らが引き合いに出すのはMINIの「コンバーチブル」や「ロードスター」なんですよ。「どうだ売れてるだろう? 荷物もいっぱい入るだろう? こんなクルマを作れ!」と。で、こっちは「作らない!」と突っぱねるもんだから、ずいぶん戦いになりました。

新型「ロードスター」はベースグレードで990kgという車重の軽さと、コンパクトなボディーサイズが特徴だが、海外からは「もっと大きい、広いクルマにしろ」という声もあったという。
新型「ロードスター」はベースグレードで990kgという車重の軽さと、コンパクトなボディーサイズが特徴だが、海外からは「もっと大きい、広いクルマにしろ」という声もあったという。
足まわりの仕様はリアスタビライザーの有無を除くと基本的に全車共通。「タイヤに頼って曲がるのはだめ。きちんとサスペンションをストロークさせて、車体をロールさせながら曲がるようにした」とのこと。
足まわりの仕様はリアスタビライザーの有無を除くと基本的に全車共通。「タイヤに頼って曲がるのはだめ。きちんとサスペンションをストロークさせて、車体をロールさせながら曲がるようにした」とのこと。
日本仕様に搭載される、1.5リッターの直4エンジン。「車両重量が軽ければ、排気量もターボもいらない」というのが山本氏の持論で、「大事なのは結果。乗ったら不満はないでしょう?」と自信をのぞかせていた。
日本仕様に搭載される、1.5リッターの直4エンジン。「車両重量が軽ければ、排気量もターボもいらない」というのが山本氏の持論で、「大事なのは結果。乗ったら不満はないでしょう?」と自信をのぞかせていた。
<プロフィール>
1973年入社。長年にわたりロータリーエンジンの開発に携わり、市販車用はもちろん、ルマンカーのエンジンにも関わってきた。その後は「ミレーニア」や2代目「ロードスター」「トリビュート」などの車両開発推進業務を担当。3代目ロードスターの車両開発副主査を経て、同車の開発主査に就任。現在は4代目ロードスターの開発主査を務めている。
<プロフィール>
    1973年入社。長年にわたりロータリーエンジンの開発に携わり、市販車用はもちろん、ルマンカーのエンジンにも関わってきた。その後は「ミレーニア」や2代目「ロードスター」「トリビュート」などの車両開発推進業務を担当。3代目ロードスターの車両開発副主査を経て、同車の開発主査に就任。現在は4代目ロードスターの開発主査を務めている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る