第391回:痛快! オペルの自虐CM

2015.03.27 エッセイ

欧州オペル最新事情

クルマ好きが海外でレンタカーを借りるとき、最も緊張する数秒といえば、カウンターの向こうの従業員が引き出しの中に手を突っ込んでキーをまさぐっているときだろう。どんなクルマに当たるのか、あの心境は何年たっても変わらない。

それはさておき、今日はオペルにまつわるお話である。

2015年3月に開催されたジュネーブショーで、オペルは新型車「カール」を公開した。カールは、従来スズキのハンガリー工場からOEM供給を受けていた「アギーラ(アジラ)」の後継車(初代は「ワゴンR+」、2代目は「スプラッシュ」がベース)である。参考までに「Karl」とは、創業者アダム・オペルの息子の名前だ。
また、英国ボクスホールブランドから発売される姉妹車には、かつて存在した「ヴィヴァ」の名前が復活することになった。

近年ゼネラルモーターズ(GM)は、オペル/ボクスホールと韓国GM製シボレーという、2本立てのブランド戦略をとってきた。GMとしては、「オペル/ボクスホールの下に韓国GM」というスタンスだったようだ。だが、誰が見てもオーバーラップするモデルが多く、やや説得力に欠けていた。
2013年末、ようやくGMは韓国製シボレーの欧州販売に関して段階的終了を決定。これを機会にオペル/ボクスホールに注力することになった。そうした状況のなかで公開されたカールは、オペルのエントリーモデルとして「フィアット・パンダ」など人気車種がひしめくAセグメントに投入される。

2015年3月、ジュネーブショーで公開された「オペル・カール」。
2015年3月、ジュネーブショーで公開された「オペル・カール」。
オペルの新エントリーモデルである「カール」。ドイツでの価格は9500ユーロ(約124万円)から設定されている。
オペルの新エントリーモデルである「カール」。ドイツでの価格は9500ユーロ(約124万円)から設定されている。
「カール」には、75hpの1リッター3気筒「エコテック」エンジンが搭載される。
「カール」には、75hpの1リッター3気筒「エコテック」エンジンが搭載される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。