マツダCX-3 XDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)

頼れる5ドアクーペ 2015.04.30 試乗記 マツダが自信を持って送る、ディーゼルのコンパクトクロスオーバーモデル「CX-3」。果たして、その実力は? FFのAT車で試した。

あくまで前席優先

新しいCX-3は、マツダの「今」を濃~く煮詰めた力作。コンパクト系のSUVやクロスオーバーが流行する中心を直撃する、ヒット作になる可能性は高い。すでに「CX-5」で好評を博しているデザイン、さっくり素直な走行感覚など、誰でもすぐ好きになれそうな仕上がりだ。

全長4275mm、全幅1765mmと小柄なのは、「デミオ」のプラットフォームを基本として開発されたためで、前後のオーバーハングと幅方向だけ少し拡大してある。全高1550mmは、立体駐車施設も使えるように配慮した親切設計だ。

ただし、2570mmのホイールベースはデミオのままなので、後席のスペースは広くない。身長173cmのドライバーが楽な運転姿勢を取った後ろでは、膝の前にげんこつ半分ほどの余裕しかない。5人乗りの多用途車というより、あくまで前席優先。むしろ多様に使い分けられる大きなラゲッジスペースをフル活用し、どこへでも神出鬼没する行動派の、頼れるパートナーとしての5ドア「クーペ」と解釈したい使い勝手だ。

マツダのコンパクトクロスオーバーモデル「CX-3」は、2014年11月のロサンゼルスオートショーでデビュー。国内では2015年2月に発売された。
マツダのコンパクトクロスオーバーモデル「CX-3」は、2014年11月のロサンゼルスオートショーでデビュー。国内では2015年2月に発売された。
形や素材はもちろん、色の合わせ方にも徹底してこだわったというインテリア。ドライバーオリエンテッドなデザインが採用される。
形や素材はもちろん、色の合わせ方にも徹底してこだわったというインテリア。ドライバーオリエンテッドなデザインが採用される。
後席の様子。前方の視界確保のために、着座位置は前席よりも37mm高く設定されている。
後席の様子。前方の視界確保のために、着座位置は前席よりも37mm高く設定されている。
Cピラーがブラックアウトされているため、ボディーカラーによってはルーフが浮いているように見える「CX-3」。ジェットブラックマイカのテスト車では、逆にその境界が目立たない。ボディーカラーは全8色がラインナップされる。
Cピラーがブラックアウトされているため、ボディーカラーによってはルーフが浮いているように見える「CX-3」。ジェットブラックマイカのテスト車では、逆にその境界が目立たない。ボディーカラーは全8色がラインナップされる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT) 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
ホームへ戻る