BMW 1シリーズ、マイナーチェンジで顔つき一新

2015.05.15 自動車ニュース
「BMW 118i Mスポーツ」
「BMW 118i Mスポーツ」

「BMW 1シリーズ」がマイナーチェンジで顔つき一新

BMWジャパンは2015年5月14日、「BMW 1シリーズ」にマイナーチェンジを実施し、同年5月23日に発売すると発表した。

「BMW 118i Mスポーツ」
「BMW 118i Mスポーツ」

BMW 1シリーズ、マイナーチェンジで顔つき一新の画像

BMW 1シリーズ、マイナーチェンジで顔つき一新の画像

BMW 1シリーズ、マイナーチェンジで顔つき一新の画像

BMW 1シリーズ、マイナーチェンジで顔つき一新の画像

■エントリーグレードの価格は298万円

今回のマイナーチェンジでは、「116i」「116iスポーツ」「116iスタイル」「116i Mスポーツ」の名称を、それぞれ「118i」「118iスポーツ」「118iスタイル」「118i Mスポーツ」に改称。エクステリアデザインについても一部を変更しており、新しい意匠のキドニーグリルやフロントエプロン、ヘッドランプ、リアコンビネーションランプ、リアバンパーを採用したほか、118iを除くすべてのモデルでLEDヘッドライトを標準装備とした。

デザインラインごとの変更も実施しており、「スポーツ」ではシートマテリアルにレッドハイライトを採用。「Mスポーツ」では従来モデルからフロントエプロンとリアスカートのデザインを変更した。また「スタイル」では、キドニーグリルやフロントエアインテークなどに施されたインサートの仕上げをマット・オキサイド・シルバーとしたほか、同車専用のアロイホイールとインテリアトリムに加え、シートマテリアルにブラックとパールグレーのツートンカラーを採用した。

装備については、118iを除く全モデルに予防安全システムの「ドライビング・アシスト」や「BMWコネクテッドドライブ・スタンダード」を標準で搭載。オプションの「アドバンスド・パーキング・サポート・パッケージ」が縦列駐車だけでなく並列駐車にも対応するようになったほか、「120i」シリーズには新オプションとして「アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付き)」を追加設定した。

パワーユニットの改良も実施しており、120iシリーズでは最高出力を170psから177psに、燃費性能を16.6km/リッターから16.8km/リッターに向上。高性能モデル「M135i」についても最高出力を320psから326psに高めている。

ラインナップと価格は以下の通り。300万円を切るエントリーグレードの価格も、マイナーチェンジのトピックとなっている。

・118i:298万円
・118iスポーツ:338万円
・118iスタイル:338万円
・118i Mスポーツ:358万円
・120iスポーツ:397万円
・120iスタイル:397万円
・120i Mスポーツ:412万円
・M135i:566万円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る