BMW X1がモデルチェンジでFFベースに

2015.06.04 自動車ニュース
新型「BMW X1」
新型「BMW X1」

「BMW X1」がモデルチェンジでFFベースに

独BMWは2015年6月3日、2代目となる新型「BMW X1」を発表した。

■FFプラットフォームを採用

X1はBMWがラインナップするSUVの中で最もコンパクトなモデル。初代は2009年に登場している。

今回発表された2代目のボディーサイズは全長×全幅×全高=4439×1821×1612mm、ホイールベースは2670mm。初代モデルがエンジン縦置きのFRのプラットフォームを用いていたのに対し、新型では新たにエンジン横置きのFFのプラットフォームを採用している。

新型に搭載されるエンジンは2リッター直4直噴ガソリンターボと2リッター直4直噴ディーゼルターボで、それぞれにパワーとトルクの異なる複数の仕様が用意される。

ガソリン車は、4WDの「xDrive25i」(231ps/35.7kgm)と「xDrive20i」、およびFFの「sDrive20i」(ともに192ps/28.6kgm)の3グレード。一方ディーゼル車は、4WDの「xDrive25d」(231ps/45.9kgm)と「xDrive20d」(190ps/40.8kgm)、FFの「sDrive18d」(150ps/33.7kgm)の3グレードとなる(数値はすべて本国仕様のもの)。

(webCG)

→新型「BMW X1」のフォトギャラリーはこちら
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【レビュー】 2017.6.26 試乗記 「アウディQ2」に1リッターターボ仕様が登場。手ごろな価格とクラストップレベルの燃費がウリのエントリーモデルの出来栄えは? 17インチタイヤを装着し、運転支援機能や安全装備を充実させた「1.0 TFSIスポーツ」に試乗した。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • BMW X1 xDrive25i xライン(4WD/8AT)【試乗記】 2016.1.15 試乗記 2015年10月に日本に導入された新型「BMW X1」。FRベースのプラットフォームをやめ、新たにFF系のシャシーを採用するなど、従来モデルからすべてが一新された2代目の実力を、上級グレード「xDrive25i」の試乗を通してチェックした。その出来栄えをひとことで表すと……?
  • BMW X1 xDrive20i xライン(4WD/8AT)【試乗記】 2015.11.28 試乗記 従来モデルからすべてを一新。新たにエンジン横置きのFF系プラットフォームを採用した新型「BMW X1」が日本で発売された。FFベースとなったことでドライブフィールはどう変わったか。その走りの実力と、大幅に進化を遂げたというパッケージングを確かめた。
ホームへ戻る