新生アルファ・ロメオ・ジュリアがデビュー

2015.06.25 自動車ニュース
「アルファ・ロメオ・ジュリア」
「アルファ・ロメオ・ジュリア」

新生「アルファ・ロメオ・ジュリア」がデビュー

フィアット クライスラー オートモビルズ(FCA)は2015年6月24日(イタリア現地時間)、新型の「アルファ・ロメオ・ジュリア」をミラノ・アレーゼのアルファ・ロメオ歴史博物館で披露した。


新生アルファ・ロメオ・ジュリアがデビューの画像

新生アルファ・ロメオ・ジュリアがデビューの画像

新生アルファ・ロメオ・ジュリアがデビューの画像
今回の新型「ジュリエッタ」には、アルファ・ロメオの新しいエンブレムが採用される。
今回の新型「ジュリエッタ」には、アルファ・ロメオの新しいエンブレムが採用される。

1960~70年代にも登場したアルファ・ロメオの車名「ジュリア」が復活。新たな高性能モデルとしてデビューした。

現段階ではサイズは明らかにされていないものの、ボディーのタイプは4ドアセダン。車体の軽量化には強いこだわりが見られ、ドア、エンジン、サスペンションなどの材質にはアルミニウムが、プロペラシャフトやボンネット、ルーフ、シートフレームには炭素繊維が、ブレーキシステムにはアルミとカーボンセラミックが採用されている。パワー・ウエイト・レシオは3.0kg/hp未満で、車体の前後重量配分は50:50。

「クアドリフォリオ」の名が冠されるモデルには、フェラーリ出身のエンジニアがチューニングしたという、6気筒ターボが搭載される。
最高出力は510hpで、0-100km/hの加速タイムは3.9秒。「アルファ・ロメオ独自のサウンド」もセリングポイントとされている。

駆動方式は、FRと4WDの2タイプが用意される。フロントには新開発のダブルウィッシュボーンのサスペンションがおごられ、旋回性能を高めるトルクベクタリング機構も与えられる。
走行モードがスイッチ操作で変更できる「D.N.A.システム」もジュリア独自のもので、「ジュリエッタ」や「ミト」に見られる「Dynamic/Normal/All weather」とは異なる「Dynamic/Natural/Advanced Efficient(省エネモード)」の組み合わせとなる。高性能モデルでは、これに「Racing」モードが追加される。

インポーターのFCAジャパンによれば、時期や価格は未定ながら、日本市場への導入を予定しているとのこと。

(webCG)

→「アルファ・ロメオ・ジュリア」のフォトギャラリーはこちら
 

関連キーワード:
ジュリアアルファ・ロメオ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【レビュー】 2017.11.10 試乗記 アルファ・ロメオの新型スポーツセダン「ジュリア」がいよいよ日本の道に現れた。510psを誇るフラッグシップの「クアドリフォリオ」。その走りに、ドライバーを鼓舞する、あのアルファならではの“クオーレスポルティーボ”はあるのだろうか?
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)/ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.20 試乗記 フィアットが50億ユーロを投資して復活させたアルファ・ロメオ。その第1弾である「ジュリア」の走りには、われわれがアルファと聞いて想像するものが確かにあった。これは実に見事な復活劇だ! 4WDの「ヴェローチェ」と、FRの「スーパー」に試乗した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.11.23 試乗記
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記